ここから本文です

鉄道部品売りに出したら...突如降りかかった「盗品疑惑」 業者は「潔白」訴え、JR北にも情報提供済

11/16(土) 13:00配信

J-CASTニュース

 鉄道部品・模型などを扱う販売業者で売り出された「車内放送装置」が、3年前にJR北海道管内で起きた盗難事件の盗品ではないか、という指摘があがった。

【写真】販売されていた車内放送装置

 ただ、この業者はJ-CASTニュースの取材に「その盗難品ではないと思う」との認識を示した。インターネット上の指摘を受け、商品の出品者にも確認を取ったところ、「調べてもらっていい」と潔白を主張。また、JR北海道からも問い合わせがあり、すでに写真やシリアル番号を提供しているという。

■2016年5月に留萌駅で放送装置などが盗まれていた

 「それ、盗品では?」。鉄道模型・部品等の販売を手がける「フレイトライナー」が2019年11月12日に公開した商品をめぐり、ツイッター上でこんな指摘が複数あがった。

 同店が公開した商品は「8681-1 車内(音声合成)放送装置 旭川支社」というもので、販売価格は12万円。商品一式の写真もアップしている。

 「盗品」との声が出たのは、16年5月に起きた盗難事件が背景にある。当時、留萌(るもい)駅(北海道留萌市)に停車中の列車から車内放送に使う装置などが盗まれていた。留萌駅の管轄はJR北海道・旭川支社。今回の商品といくつか一致点があった。

 フレイトライナー公式ツイッターに複数のリプライが届いたほか、盗まれた物ではないかと指摘する投稿の中には4500以上のリツイート、9000以上の「いいね」がつくものもあり、「疑惑」は拡散されることになった。

 しかし、フレイトライナーを運営する村上木工挽物有限会社(埼玉県和光市)の担当者は14日、J-CASTニュースの取材に、「違うと思います。その盗難品ではないと思っています」と話す。担当者は次のように経緯を明かした。

 今回の商品は鉄道関連のコレクターが同社に出品し、販売を委託した物だ。ツイッターでの拡散を知った同社が13日、この出品者に問い合わせたところ、疑わしい物ではないと潔白を主張。入手経路なども確認した。そもそもこの放送装置はバスに使われる物と同じで、それなりの数が流通しているという。

1/2ページ

最終更新:11/16(土) 13:00
J-CASTニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事