ここから本文です

<動画>玉城ティナ、閻魔あい役まばたきせずに演技 目が乾き「もや~っとした世界でせりふを…」

11/16(土) 22:10配信

MANTANWEB

MANTAN

 モデルで女優の玉城ティナさんが11月16日、東京都内で行われた主演映画「地獄少女」(白石晃士監督)の公開記念舞台あいさつに登場。映画は「いっぺん、死んでみる?」のせりふとともに相手を地獄へ流す謎の少女を描いた人気ホラーアニメが原作で、ミステリアスな主人公・閻魔(えんま)あいを演じた玉城さんは、撮影中のエピソードとして、「今回“決め”のシーンしかないっていうぐらい決めまくっていて。『いっぺん、死んでみる?』とかむちゃくちゃ言っているのですが、せりふを言っているときに一回もまばたきをしていないんです」と明かし、「(撮影が)始まってからカットがかかるまでの間に目がどんどん乾いてしまい、コンタクトなのでどんどん視点が合わなくなって、もや~っとした世界の中でせりふを言っていた。何も見えていなかったので、決められているか超心配でした」と振り返った。

【動画】“地獄少女”玉城ティナが「いっぺん、死んでみる?」 予告映像

 舞台あいさつには、橋本マナミさん、楽駆さん、森七菜さん、仁村紗和さん、「SKE48」の大場美奈さん、藤田富さん、白石監督も出席した。白石監督は、「貞子 vs 伽椰子」以来のタッグとなった玉城さんについて、「素晴らしい役者さんになられているなと。前は“怖がり方”とか言ったと思うんですけど、今回は玉城さんが作ってきたキャラクター像がどんぴしゃだった。撮影上の細かいことだけはお願いしたけど、内容に関しては何も言いませんでした」と絶賛。聞いていた玉城さんは、「言われなさすぎて不安だった。監督も『いいね!』っていうタイプではなく淡々と『OKです』って言うので。大丈夫なのかな……嫌われているのかなって」と苦笑いで心境を語った。

 そんな玉城さんは、「今回、人間じゃない(役)ということで、(ほかに)人間じゃない役(やって)ないかなって思ったら、(『ドルメンX』で)宇宙人とかもやっていた(笑い)。宇宙と地獄はやったので、他に何ができるかなという感じですが、もし何かあったらよろしくお願いします」と話し、会場を笑わせていた。

最終更新:11/16(土) 22:10
MANTANWEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事