ここから本文です

日本からの思いやり届けたい 弘前市、台湾の福祉団体にリンゴ寄贈

11/16(土) 14:00配信

中央社フォーカス台湾

(新竹中央社)台湾の恵まれない子どもたちに日本からの思いやりを届けたいと、弘前市の鎌田雅人副市長が15日、同市を代表して北部・新竹市の福祉団体に青森産リンゴを寄贈した。

鎌田氏は、台湾の大手デパートで14日から弘前物産展が開催されるのに合わせて弘前市物産協会、弘前観光コンベンション協会の職員らとともに訪台。同デパートの新竹支店で行われた開幕イベントに出席した。

弘前市が子どもたちのために用意したのは、黄色品種「トキ」108個。物産展が行われるデパートからも生活用品が贈られた。貧困家庭の子どもたちを支援する「新竹家扶センター」の沈俊賢主任は、温かい気持ちが伝わったと喜び、感謝した。

物産展は新竹市のほか、北部・新北市、中部・台中市、南部・高雄市で12月1日まで、南部・台南市で11月28日まで開催される。

(魯鋼駿/編集:塚越西穂)

最終更新:11/16(土) 14:39
中央社フォーカス台湾

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事