ここから本文です

【FP2レポート】ホンダに不安!フェルスタッペン3番手もトロロッソにトラブル発生/F1ブラジルGP

11/16(土) 6:00配信

TopNews

2019年F1第20戦ブラジルGPが15日(金)、インテルラゴス・サーキット(1周4.309km)で開幕。現地時間15時(日本時間16日午前3時)から行われたフリー走行2回目でフェラーリのセバスチャン・ベッテルがトップに立った。

●【FP2ハイライト動画】雨上がりでクラッシュ多発/F1ブラジルGPフリー走行2回目

現地時間15日午前中に行われたフリー走行1回目はウエットコンディションだったものの、このセッションはドライコンディションでスタート。ドライバーたちはまず中間に位置するミディアムタイヤや一番硬いハードタイヤで走行を開始していく。

セッション開始から5分を過ぎたところで、最初のタイム計測ラップを開始したばかりのウィリアムズのロバート・クビサがターン3でクラッシュするというアクシデントが発生。ここで赤旗が振られ、セッション中断となる。

フリー走行1回目ではリザーブドライバーのニコラス・ラティフィにステアリングを譲っていたクビサは、ブラジルでの初日の走行時間をすべて失うという苦しい展開となってしまった。

開始12分を迎えたところでセッションが再開されると、ドライバーたちが一斉にコースに入り、積極的に周回を重ねていく。

ミディアムタイヤでの走行が中心となった序盤はベッテルがトップに立ち、それにシャルル・ルクレール(フェラーリ)、ルイス・ハミルトン(メルセデス)、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)、アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)らが続く展開となる。

セッション開始から40分ほどが経過したところから、一番軟らかいソフトタイヤに履き替えてのショートランプログラムが展開され始める。するとまずルクレールがトップタイムを刻むが、ベッテルがそれを0.021秒短縮する1:09.217をマークして再びトップの座を取り戻す。

フェルスタッペンもソフトタイヤに交換して3番手タイムを刻むが、前戦アメリカGPで通算6回目のドライバーズタイトルを手中に収めたハミルトンは4番手にバルテリ・ボッタス(メルセデス)をはさんで5番手に位置した。

フリー走行1回目はインターミディエイトタイヤでトップタイムを刻んだものの最後にクラッシュを喫していたアルボンはトラフィックの影響もあり、このショートランプログラムではハース、ルノー、アルファロメオに先行を許して9番手にとどまった。

90分のセッションが3分の2を消化したところから各チームはユーズドタイヤを用いたロングランプログラムに移行していく。

ところが、セッションの残り時間が20分ほどとなったとき、ピエール・ガスリーが駆るトロロッソ・ホンダのF1マシン後部から白煙が上がるというアクシデントが発生。ガスリーはコース脇にクルマを止め、ここでVSC(ヴァーチャルセーフティカー)が導入された。

VSCが解除されると、再びドライバーたちがロングランプログラムを展開していく。

すると残り時間が5分ほどとなったところで今度はトロロッソ・ホンダのダニール・クビアトがコースオフしてそのまま右側のタイヤバリアに突っ込んでしまう。このとき、クビアトのマシンからも白煙が上がっており、こちらもエンジン系のトラブルが心配される不安な状況となってしまった。

ここで赤旗が振られ、結局、このセッションもこの時点で終了が宣言された。

レッドブル・ホンダ勢はフェルスタッペンが3番手につけたものの、アルボンは9番手。トロロッソ・ホンダ勢はガスリーが12番手、クビアトが14番手だったものどちらもトラブルに見舞われるという厳しい状況のもとでブラジルでの2回目のセッションを終えている。

トロロッソ・ホンダ勢が搭載していたのは金曜のセッション用のエンジンであり、予選と決勝では本来搭載予定だったエンジンに載せ替えることになるため、このセッションでのトラブルが大きく響くことはないと予想されている。

だが、これまで今季ほとんどトラブルらしいトラブルがなかったホンダエンジンが白煙をあげたことで明日以降に向けて不安を残す結果となったのは間違いないだろう。

■フリー走行2回目トップ10ドライバー

トップ/セバスチャン・ベッテル(フェラーリ) 
2番手/シャルル・ルクレール(フェラーリ) 
3番手/マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
4番手/バルテリ・ボッタス(メルセデス)
5番手/ルイス・ハミルトン(メルセデス)
6番手/ケビン・マグヌッセン(ハース・フェラーリ)
7番手/ダニエル・リカルド(ルノー)
8番手/キミ・ライコネン(アルファロメオ・フェラーリ)
9番手/アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)
10番手/カルロス・サインツ(マクラーレン・ルノー)

F1ブラジルGPフリー走行3回目は、日本時間17日(日)午前0時から始まる。

最終更新:11/16(土) 7:18
TopNews

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事