ここから本文です

<星界シリーズ>川澄綾子、清水香里、長岡康史監督がアニメ20周年を振り返る 心象風景が伝わる演出を

11/16(土) 17:02配信

MANTANWEB

 森岡浩之さんのSF小説が原作のアニメ「星界」シリーズのブルーレイディスク(BD)ボックス「星界 Complete Blu-ray BOX」が12月25日に発売されることを記念したイベントが11月16日、Coconeriホール(東京都練馬区)で開催され、長岡康史監督、ラフィール役の川澄綾子さん、エクリュア役の清水香里さんが登場した。イベントは、東京都練馬区で開催された「練馬アニメカーニバル2019」の一環で、2005年に発表された「星界の戦旗III ~家族の食卓~」を上映。川澄さんらが当時を振り返った。

【写真特集】懐かしすぎる「星界」 豪華声優陣が再集結 イベントの写真

 「星界」シリーズは当時、豪華声優陣も話題になり、清水さんは「大先輩がいっぱいいた」と話し、川澄さんは「当時、無我夢中でやっていた。そのすごさをあまり分かっていなかった」と明かした。

 長岡監督は「塩沢さん(ドゥサーニュ役の塩沢兼人さん)、来てくれるかなあ……と言っていたら、来てくれたり、ほぼ希望がかなったんです。『星界』は会話劇。あまり端折りたくなかった。カット数が少なく、一カットが長いんです。説明ではなくて、心象風景が伝わるように演出していました」と語った。

 BDボックスは「星界の紋章」のテレビアニメの放送20周年を記念して発売。ボックスには「星界の紋章」(全13話、1999年放送)、「星界の戦旗」(全13話、2000年放送)、「星界の戦旗II」(全10話、2001年放送)、「星界の戦旗III」(全2話、2005年発売)などが収録される。原作のイラストを手がけた赤井孝美さんがボックスのイラストを描き下ろす。価格は4万円(税抜き)。

最終更新:11/16(土) 17:02
MANTANWEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事