ここから本文です

<少年寅次郎>最終話の見どころは“クズおやじ”の平造? 井上真央の「一番、印象深いシーン」は…

11/16(土) 19:20配信

MANTANWEB

 女優の井上真央さん主演のNHK連続ドラマ「少年寅次郎」(総合、土曜午後9時)の最終第5話が11月16日に放送される。国民的映画シリーズ「男はつらいよ」の主人公・車寅次郎(寅さん)の少年時代を題材にした、山田洋次監督の小説「悪童(ワルガキ) 小説寅次郎の告白」(講談社)のドラマ化で、母子の絆を描く泣き笑いの物語。視聴者から「温かくて泣ける」「久しぶりに純粋に泣ける」「こんな泣けるドラマが5話で終わってしまうの本当にもったいない」といった声が多数上がっていたが、最終話の見どころは……。

【写真特集】井上真央の「一番、印象深いシーン」を公開! 見ているだけで泣ける…

 ◇平造が「本当はどんな人間なのか分かる」最終話

 「少年寅次郎」は、寅次郎出生の秘密から、戦争を挟んだ悪ガキ時代、そして最愛の妹・さくらに見送られて葛飾柴又の駅から旅立つまでの物語。脚本は、2017年度前期のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「ひよっこ」などで知られる岡田惠和さんで、井上真央さんは寅次郎の育ての母・車光子を演じている。

 最終第5話は、光子がしきりに腰を押さえるようになり、車家の人々は心配でならないのに、平造(毎熊克哉さん)だけは知らん顔。そんな父が許せない寅次郎(井上優吏さん)は……。さらに寅次郎は、香具師(やし)の政吉という男と知り合い、いよいよ車家の人々の運命が動き出す……という展開だ。

 制作統括の小松昌代さん(NHKエンタープライズ)がまず見どころに挙げるのが、寅次郎の父・平造について。ここまで寅次郎を疎ましく思っているのが、態度にありありと出ていて、「ダメおやじ」を通り越して「クズ」とも呼べそうな男として描かれてきたが、「平造が本当はどんな人間なのか。寅に対してや、妻(光子)、家族に対して、本当はどんな思いでいたのか。そこには複雑な胸中があるんですけど、そういうことが分かる最終話でもある」と語る。

 前週第4話までは、寅次郎に対する憎まれ口があまりにもひどすぎて、視聴者から非難が集中していたが、最終第5話では平造の人間性にも改めてスポットが当てられ、「何となく、視聴者の皆さんにも感じ取っていただければいいなって思っています」と小松さんは願いを明かしてる。

1/2ページ

最終更新:11/16(土) 19:20
MANTANWEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事