ここから本文です

日産米法人が45万台リコール 火災の恐れ、日本は対象外

11/16(土) 6:46配信

共同通信

 【ニューヨーク共同】日産自動車の米国法人は15日、ブレーキオイルが漏れて火災になる恐れがあるとして、世界で計45万4055台をリコールすると発表した。対象の9割超が北米の車で、日本は対象外という。

 急ブレーキ時のスリップを防ぐアンチロック・ブレーキ・システム(ABS)の関連部品に欠陥があり、ブレーキオイルが漏れて出火する恐れがある。

 対象は2015~18年型のスポーツタイプ多目的車(SUV)「ムラーノ」や16~18年型のセダン「マキシマ」など。地域別では米国とカナダが計43万6858台、中東が7946台を占める。

最終更新:11/16(土) 6:46
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事