ここから本文です

サッカー=ベイル、レアルよりも代表戦の方が「ワクワクする」

11/16(土) 14:18配信

ロイター

[15日 ロイター] - サッカーのウェールズ代表ガレス・ベイルは15日、代表でプレーする方が所属先のレアル・マドリード(スペイン)よりも楽しいと語った。

ベイルは代表戦での負傷もあり、10月5日のグラナダ戦以降はレアルでプレー機会なし。今月8日にはレアルのジネディーヌ・ジダン監督が、ベイルはチームにフィットしていないと語っていた。

ベイルは16日にバクーで行われるアゼルバイジャン戦前の記者会見にて、「ウェールズのためにプレーする方が間違いなくワクワクする。代表では母国語で喋れるし、より快適でいられる」とコメントした。

レアルで4回の欧州チャンピオンズリーグ制覇に貢献したベイルだが、クラブとの関係は良好とは言えず。ジダン監督も「もし明日になってベイルがいなくなっていれば、全てがよくなるだろう」との表現でベイル放出を望む意向を示していた。

最終更新:11/16(土) 14:18
ロイター

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事