ここから本文です

アプリゲーム「DEEMO」劇場アニメ化、キャストに竹達彩奈、主題歌は梶浦由記

11/16(土) 16:16配信

映画ナタリー

スマートフォン用アプリゲーム「DEEMO」の劇場版アニメプロジェクトが始動。米ニューヨークで開催中の「ANIME-NYC 2019」で現地時間11月15日に発表された。

【動画】「DEEMO THE MOVIE」ショートPV(メディアギャラリー他7件)

「DEEMO」はピアノをコンセプトに据えた音楽リズムゲーム。クラシックやロックナンバー、ジャズ、エレクトロなど幅広い音楽が取り入れられており、曲数は約200曲にも及ぶ。「DEEMO THE MOVIE」では、城でピアノを奏でる謎の存在・Deemoや、記憶を失った少女、城の不思議な住人たち、ピアノの音色で成長する木などの優しく切ない愛の物語が描かれる。

竹達彩奈が声のキャストとして参加。アニメーション制作は「ひるね姫 ~知らないワタシの物語~」のSIGNAL.MDが担当し、「攻殻機動隊」シリーズのProduction I.Gが制作をサポートする。総監督はアニメ「BLOOD+」の藤咲淳一が務め、監督には松下周平が起用された。主題歌およびイメージソングは「魔法少女まどか☆マギカ」「Fate/Zero」などの梶浦由記が手がける。

「DEEMO THE MOVIE」は2020年の完成を予定。なお現在YouTubeで本作のショートPVが公開中だ。

(c) 2020 Rayark Inc./DEEMO THE MOVIE Production Committee

最終更新:11/17(日) 12:10
映画ナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事