ここから本文です

山崎まさよし、主演映画公開に「不祥事だけは避けたいと…」尾野真千子には「マグロか!」

11/16(土) 14:11配信

スポーツ報知

 シンガー・ソングライター山崎まさよし(47)が16日、東京・テアトル新宿で主演映画「影踏み」(篠原哲雄監督、公開中)の舞台あいさつを行った。

 撮影して1年半、15日に全国公開を果たした山崎は「不祥事だけは避けたいと。どうなるか分からないけれど警察のご厄介はあかんやろとびびっていました。何事もなくキャストのみなさんも何事もなく」と公開を迎えた喜びを独特の表現で語った。女優・尾野真千子(38)は横で大きくうなづきながら、「うれしいねぇ。しみじみ思うくらい公開ってうれしいです」と話した。

 物語のカギを握る重要な役どころを演じた北村匠海(22)は、今まではネタばれの可能性もあり、コメントに気を使ってきたが、上映後のあいさつに「これで心置きなく話せます」と笑顔を見せた。

 3人とも初共演。山崎が尾野に「こんなおもろい姉ちゃんだとは思わなかった」と感想を語ると、尾野は「しゃべらないと死んでまう」と反応。山崎は「マグロか!」と突っ込みを入れていた。

最終更新:11/16(土) 14:50
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事