ここから本文です

安全地帯 初の甲子園球場ライブ…34年ぶりスタジアムライブに3万8千人

11/16(土) 20:26配信

デイリースポーツ

 5人組ロックバンド・安全地帯が16日、初の甲子園球場ライブ「安全地帯 IN 甲子園球場『さよならゲーム』」を開催し、3万8千人を動員した。スタジアムライブは、85年8月の横浜スタジアム公演以来34年ぶり。玉置浩二(61)はヒット曲「ワインレッドの心」や「恋の予感」、「悲しみにさよなら」などアンコールを含め23曲を熱唱した。

【写真】夕焼けをバックに一斉に舞うジェット風船 盛り上がる甲子園ライブ

 甲子園球場では、令和初のライブ。虎の聖地らしく、公演では無数のジェット風船が舞った。センター方向に設置されたステージを飛び出した玉置は、グラウンド内を1周。約2時間半ほぼノンストップの公演ラストで「感謝しています。愛してるよ!」と絶叫した。

 ドラムの田中裕二(62)が、脳内出血によるリハビリのため休演。メンバー5人でステージに立つことはかなわなかったが、玉置は田中のドラムスティック2本を高々と掲げ「ドラムス、田中裕二!」とメンバー紹介。観客から大きな拍手と歓声が送られた。

最終更新:11/16(土) 20:35
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事