ここから本文です

「美笑女グランプリ」に大阪の高校2年・高野渚さん 品川ヒロシ監督作でドラマデビューへ

11/16(土) 19:18配信

スポーツ報知

 “笑顔で人々を幸せにする”令和NO1の女性タレントを育成する、吉本興業主催のオーディション「美笑女グランプリ」の決勝戦が16日、大阪・森ノ宮のクールジャパンパーク大阪TTホールで開催され、大阪在住の高校2年生・高野渚さん(17)がグランプリに輝いた。

 2307人の応募者から勝ち抜いたファイナリスト9人がこの日、特技や演技、手紙の朗読で自己PR。3歳からクラシックバレエで鍛えた高野さんは、切れ味のあるダンスを披露。女優志望とあって、幼なじみに告白するシチュエーションの演技でも気持ちがこもったセリフで芝居心をのぞかせ、審査員5人の満場一致で頂点に輝いた。

 名前を呼ばれた高野さんは「すごくビックリしましたが、うれしいです。グランプリにふさわしい笑顔で、令和で一番になれるよう頑張りたい」と喜んだ。

 優勝特典として映画監督・品川ヒロシ(47)がメガホンを取るWOWOW連続ドラマ(来年放送)にも出演が決まった。審査員を務めた品川は「パフォーマンスのトータルバランスがいい。みんなを楽しませる女性になるのでは」と太鼓判を押した。高野さんは「杉咲花さん、二階堂ふみさんのような自然体の演技ができる人になりたい」と抱負を語った。

 高野さんは今後、吉本興業グループに所属し、吉本が総力を挙げてバックアップするが、司会を務めたアキナ・秋山賢太(36)は「芸人には近づかないこと」、応援サポーターとして出席したノンスタイル・井上裕介(39)は「コワモテ社員には近づかないこと」と警戒するようアドバイスした。

 また、井上は、女優・桐谷美玲似の美女と交際中との一部報道について「仲のいいお友達。なぞ解き(脱出ゲーム)仲間の一人です」と熱愛は否定した。

最終更新:11/16(土) 20:47
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事