ここから本文です

【巨人】新外国人にジェラルド・パーラ外野手を調査…メジャー通算1312安打88発

11/17(日) 4:01配信

スポーツ報知

 巨人が来季の新外国人候補として、米大リーグ・ナショナルズからFAとなっているジェラルド・パーラ外野手(32)を調査していることが16日、分かった。メジャー通算1312安打、88本塁打の強打に加え、2度のゴールドグラブ賞と堅守も誇る。今季は勝負強さでナ軍の世界一に貢献するなど、実績十分のメジャーリーガーだ。登場曲「ベイビー・シャーク」がかかれば、球場全体が両手を小刻みに上下させて叩く「サメダンス」で迎えられる人気者。日本一奪回の使者の筆頭候補として、巨人は動向を注視していく。

 原巨人が来季新外国人候補として、実績十分のメジャーリーガーにターゲットを定めていることが分かった。メジャー通算1312安打、88本塁打を誇るパーラをリストアップし、本格調査に乗り出していることが判明した。

 パーラはベネズエラ出身の左投げ左打ちの強打者。今季は、ジャイアンツとナショナルズの2球団で計119試合に出場。打率2割3分4厘、9本塁打、48打点をマークした。守っても外野手として11年、13年にゴールドグラブ賞を獲得するなど堅守を誇り、近年では一塁の守備にも就いている。通算打率2割7分6厘とシュアな打撃で、大塚副代表編成担当が以前に獲得を目指す助っ人像として「多少、長打力が落ちたとしても、コンタクト率の高いバッターの方が(いいかもしれない)ね。日本の球場は狭いから、150メートル打たなくても、100メートルで本塁打になる」と話していたイメージにも合致する。

 パーラは今季、神懸かり的な勝負強さで、ナショナルズを球団初のワールドシリーズ制覇に導いた。5月の移籍時点でチームは借金を抱えていたが、パーラが7月に代打で4打席連続打点。その驚異的な活躍で勢いづいたナ軍はナ・リーグ東地区2位となり、ワイルドカードから世界一まで勝ち上がった。

 打席に向かう前の登場曲に「ベイビー・シャーク」を使用。そのリズムに合わせて観客が両手を前に付き出して小刻みに上下させて叩く「サメダンス」はナ軍本拠ナショナルズ・パークの名物になった。ナインも安打で出塁した際にベンチに向けて両手を突き出す「シャークポーズ」を行い、パーラは“世界一のムードメーカー”となった。

 今季、巨人はゲレーロ、ビヤヌエバらが打線の中核を担う期待をかけられたが、打撃の調子に波があり、ともに2軍落ちを経験。球団は両選手との来季契約を見送る方針を固めている。原監督もシーズン終了のオーナー報告時に、日本一にあと一歩届かなかった要因の一つに「なかなか外国人が機能しなかった」と年間通じて安定した成績を残せる選手を希望していた。09年のデビュー以来、11年連続でメジャー100試合以上に出場しているパーラの獲得が、来季8年ぶりの日本一奪回への第一歩となる。

 ◆ベイビー・シャークとは 韓国企業「スマートスタディ社」が、子供向け番組「ピングフォン」のダンス動画として15年に製作。18年に英語バージョンが米国などで大ヒットした。パーラは、娘が大ファンだったため6月から登場曲に使用。打席に立った際に球場内のファンが音楽に合わせて手を上下に叩く「シャークダンス」が定着。安打を放つと、ナインもベンチでジェスチャーした。西武・森も今季途中から登場曲に使用している。

 ◆ジェラルド・パーラ(Gerardo Parra) 1987年5月6日、ベネズエラ生まれ。32歳。04年にDバックスと契約してプロ入り。09、13年にはWBCでベネズエラ代表入り。09年5月にメジャーデビューした。11、13年に外野でゴールドグラブ賞受賞。ブルワーズ、オリオールズ、ロッキーズ、ジャイアンツを経て、今季途中にナショナルズ入り。主に外野を守り、一塁も守る。メジャー通算1466試合に出場し、1312安打、88本塁打、522打点、96盗塁、打率2割7分6厘。180センチ、95キロ。左投左打。

最終更新:11/18(月) 6:22
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事