ここから本文です

【巨人】増田陸“坂本塾”で飛躍を目指す「1軍のレギュラー」

11/17(日) 6:05配信

スポーツ報知

 巨人の増田陸内野手(19)が今オフ、坂本勇人内野手(30)の沖縄自主トレに参加することが16日、分かった。幼少期から憧れてきた勇人との自主トレは入団以来、ずっと夢見てきた。北村、湯浅、西巻(ロッテ)も同行予定の「チーム坂本」からさらなる飛躍を目指す。

 右打ち、遊撃手、リードオフマンと共通点は多く、増田陸は入団してからも積極的にあいさつにいくなど、“アプローチ”を続けてきた。シーズン後、G球場で1軍練習が行われた際には、自身の練習終了後にバックネット裏から坂本勇の打撃練習を見つめ、くぎ付けになっていた。

 高校通算34本塁打のパンチ力ある打撃を武器に、明秀学園日立高から18年ドラフト2位で巨人に入団。ルーキーイヤーだった今季は6月末に左手首を手術し、長期のリハビリ期間を経験した。10月22日の宮崎フェニックス・リーグ、オリックス戦(西都)で実戦復帰を果たすと、翌23日の同リーグ、斗山戦(清武第二)では対外試合初アーチ。復帰後の打撃は好調で、来季への期待は大きい。

 「来年は、1軍のレギュラーを取るというのを一番の目標に置いている」と話す増田陸。大好きな先輩を観察し、成長の絶好の機会とする。

最終更新:11/18(月) 6:19
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事