ここから本文です

【巨人】武井壮似の育成ドラ2加藤、仮契約「糸井選手のような選手に」

11/17(日) 6:06配信

スポーツ報知

 巨人から育成ドラフト2位指名を受けたBC武蔵の加藤壮太外野手(21)が16日、埼玉・熊谷市内のホテルで仮契約を結んだ。支度金200万円で年俸240万円(推定)。背番号「006」に決まった。抜群の身体能力が魅力で「(阪神の)糸井選手のような選手になっていきたいです」と野望を口にした。

 報道陣から「百獣の王」武井壮に顔が似ていると指摘された加藤は「小、中とリレーで全部1位。小さい頃から速かったです」と自慢の足をアピールした。

 BC武蔵での食生活は「自炊で1、2年目は試行錯誤。最初は肉と、もやしいためて、とかでした。今年は絶対にプロに行くという強い気持ちでバランスを意識して野菜を取るようにした。カット野菜です」。今季はベジタリアンパワーで体調管理を徹底し、走攻守でレベルアップ。プロでさらなる飛躍を目指す。

 ◆加藤 壮太(かとう・そうた)1998年4月15日、愛知県生まれ。21歳。瀬戸シニアから中京高(現中京学院大中京)に進み今井順之助(日本ハム)らと3年夏の甲子園出場。17年から高卒でBC武蔵に入団。3年目の今年、巨人から育成ドラフト2位指名。187センチ、89キロ。右投左打。

最終更新:11/18(月) 6:21
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事