ここから本文です

宮沢和史&又吉直樹が語り合う 表現者としてのお互いへの視線、勝敗がない言葉との格闘

11/16(土) 8:00配信

オリコン

 シンガー・ソングライターの宮沢和史と、芸人で小説家のピース・又吉直樹。一見、交わりそうのないフィールドで活躍する両者を深く結びつけているのが「言葉」だ。2人は10月18日に東京・渋谷Bunkamuraオーチャードホールで開催された『宮沢和史・デビュー30周年記念コンサート ~あれから~』で、宮沢のソロ曲「ゲバラとエビータのためのタンゴ」のポエトリーリーディングを披露。異彩を放ったその一瞬の世界観は、多くの観客の心を震わせた。

【ライブ写真】記念コンサートで異彩を放った宮沢和史と又吉直樹の朗読シーン

 今年デビュー30周年を迎え、より精力的に音楽活動を繰り広げる宮沢と、人生すべてにおいて宮沢の言葉に多大な影響を受けてきたという又吉に、今回のコラボレーションと、表現者としてのお互いへの視線、意識について、たっぷりと語り合ってもらった。

■2人で詩を読んだ会場に激烈な磁場が生まれた(宮沢和史)

【宮沢和史】又吉くんに出演してもらったのはアンコールの一発目。それまでライブも2時間半くらい進んでいたんだけど、あの場面が一番強烈だったという人が多いんですよ。
【又吉直樹】あの夜はなかなか眠れなかったです。宮沢さんと一緒にステージに立てたうれしさや緊張感もさることながら、すごい詩を読んでしまったという余韻で。

【宮沢和史】今年5月にも一度、2人であの詩を朗読しているんです。そのときもすごく評判がよかった。ただ、2001年に発表している曲なので、今回は内容を2019年度版に全部書き直させてもらいました。やっぱり又吉さんは“言葉の人”なので、2人でこの詩を読んだらきっとあの会場に激烈な磁場が生まれるんじゃないかとイメージして。やってみて実際そうでした。

【又吉直樹】僕は中学の頃からTHE BOOMのファンですけど、2001年度版のあの曲にも多大な影響を受けました。「ああ、宮沢さんはこういうふうに世界を見ているんだ」ということがすごく刺激的で、頼もしくもあって。
【宮沢和史】あの歌詞はメモ代わりというか、現実で起こっていることを記憶しておくために書いたものなんです。ただ、あくまで僕が切り取った「現実」ですし、意見はいろいろあっていい。だから又吉さんにも、もし賛同できない部分があったら読まなくていいし、正直に言ってほしいとお伝えしました。

【又吉直樹】僕は、そのまま読みたいと答えました。古本には、前に持っていた人の傍線が引かれていることってあるじゃないですか。あれ、けっこう気になるんですよね。なんでこの人はここに線を引いたんだろう? って。で、読み進めていくと、その本の読みが自分が思っていた以上に広がる。「ゲバラ~」もそれと似た体験をした感覚がありました。しかも、それがすごく信頼している宮沢さんの切り取った“現実”だったから──。僕も20年舞台に立っていますけど、久々に足が震えました。あの「ゲバラ~」の2019年度版はリリースするんですか?

【宮沢和史】今後どうするかははっきり決めていないけど、現時点では又吉くんと読むためだけに更新したバージョンです。
【又吉直樹】じゃあ、30周年コンサートにいた人はものすごく貴重な体験をしたわけですね。
【宮沢和史】僕は歌手がメインだけど、言葉はずっと大切にしてきたつもり。だからあのコンサートは言葉と取り組んできた30周年でもあったんです。そのひとつの集大成に、“言葉の人”である又吉さんが付き合ってくれて、本当にありがたかったですね。

1/3ページ

最終更新:11/23(土) 21:55
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事