ここから本文です

目指せ、2023年ラグビーワールドカップ。大学ラグビーで活躍する未来の日本代表候補たち:FW編

11/16(土) 11:51配信

J SPORTS

ラグビーワールドカップが終わり、大学ラグビーが再開された。来年1月11日(土)に新しい国立競技場で開催される大学選手権決勝を目指して強豪校がしのぎを削っている。

【ハイライト動画】早稲田大学 vs. 帝京大学

そんな中で2023年、そして2027年のワールドカップで日本代表になるポテンシャルを秘めた有望な大学生選手を紹介していきたい。

◆経験が必要なFW第1列

まず、FW(フォワード)のPR(プロップ)から挙げていきたい。左PRでは専修大学の石田楽人(4年)、近畿大学の紙森陽太(2年)、明治大学の安昌豪(4年)、天理大学の谷口祐一郎(3年)あたりが思い浮かぶ。

右PRでは大東文化大学の藤井大喜(4年)、東海大学の中野幹(4年)、慶應義塾大学の大山祥平(3年)、明治の笹川大五(4年)、天理の小鍛冶悠太(3年)、早稲田大学の小林賢太(2年)、帝京大学の細木康太郎(2年)あたりだろう。

HO(フッカー)では明治の主将を務める武井日向(4年)、同じく明治の松岡賢太(4年)の2人、東海の新井望友(4年)、日本大学の藤村琉士(3年)、慶應義塾の原田衛(2年)らが有望株だ。

特に石田、藤井、中野、笹川、武井あたりの4年生の選手たちは、来年からトップリーグで活躍すれば、経験が必要なFW第1列ではあるが、2023年のフランス大会が見えてくる可能性もあろう。

◆総合力と高さで世界と戦うFW第2列

ワールドカップを見てもわかるように、2m級の選手が揃うLO(ロック)は、日本代表も人材難である。だが、スクラム、ラインアウト、キックオフや接点でのファイトなど、世界の強豪と対戦するために総合力の高い、高身長のLOの選手が欠かせない。

大学で一番高身長なのは専修の身長197cmの山極大貴(4年)だ。帝京のジョセファ・ロガヴァトゥ(4年)は身長194cm。

今年、帝京に入ったアレクサンダー・マクロビー(1年)は身長195cm、大東文化に加入したサイモニ・ヴニランギは身長196cm、拓殖大学のディビッド・ヴァン・ジーランド(1年)は身長195cmだ。

1/2ページ

最終更新:11/16(土) 16:31
J SPORTS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事