ここから本文です

やっぱりカッコいい「佐川男子」たち

11/16(土) 22:14配信

テレ東プラス

毎年好調な売り上げを見せている「佐川男子カレンダー2020」(小学館)が、今年も11月20日に発売される。今回は新たな試みとして、業務中の“シマシャツ“ショットに加え、個々の趣味に応じたプライベートショットが掲載されるとのことだ。

毎月アイドル並みのイケメンがズラリと顔を揃え、私たちの日常に彩りを添えてくれるこのカレンダーによって、“佐川男子=イケメン“という図式は、すでに市民権を得たといえるだろう。しかし改めて考えてみると、彼らはアイドルではなく、会社に勤務する一般人というところがすごい。しかも、そのイケメンがカレンダーから飛び出し、ある時は自宅の玄関前に立っているかもしれないのだ。

今回は発売に先駆け、カレンダーに登場している和田賢一さん(東京)、濱邊晃一さん(兵庫)、中村一貴さん(愛知)に話を伺いながら、撮れたてホヤホヤの写真を“ちら見“してみたい。

“笑顔で行って、笑顔でおわる“がモットーだという和田賢一さん

【プロフィール】
和田賢一/Kenichi Wada
生年月日:1989年9月16日生
血液型:A型
身長:177cm
所属エリア:東京都

「ダウニーの柔軟剤が好きです」という和田賢一さん。爽やかな柔軟剤の香りと共に、この爽やかな笑顔が目の前に現れたら、大概の女性はノックアウトだろう。その仕事ぶりを聞いてみると──。

──和田さんは普段どのような業務を行っているのですか?

「都心エリアなので企業のお客様が多く、配達と集荷をしています。現在の担当ルートになって2年ぐらいが経ちましたので、お馴染みのところをまわることが多いですね」

──仕事へのこだわりを教えてください。

「こだわりというほどではありませんが、初めて荷物をお届けする先では「どちらに置きましょうか?」と伺った上で指定の場所に置きますが、その場所をしっかり覚えておくこと。2回目以降はお聞きしなくても、そこに置けるように心がけています。もともと人が好きな性格なので、お客様と会話することは大事にしていますし、“笑顔で行って、笑顔でおわる“ことを常に意識しています」

──その笑顔で集配に行ったら、お客様に褒められることも多いのでは?

「そこまでではありませんけど(笑)、『笑顔がいいね』と言われることはあります! そう言っていただけるとやっぱりうれしいですし、励みになりますよね。佐川男子というより佐川急便の人間として、清潔感や爽やかなイメージは大事にしていきたいです。夏場はやはり汗をかくので、自宅から着替えの制服を数枚持って来て、一日の中で何回か着替えています。ダウニーの柔軟剤が好きなのですが、ほんのりいい香りがすると、より爽やかかなと(笑)」

──今回のカレンダーでは、趣味などプライベートショットが入ることになりました。和田さんの趣味はなんですか?

「それ訊いちゃいます?(笑)。実は趣味がないんですよね。だから見てください、このプライベートショット。椅子に座って腕組んでるだけですよ(笑)。休みの日なんてほとんど一歩も外に出ないですし......家の中にいることが好きなんですよね。まぁ、強いて言えば映画が好きかな。Amazonプライムの映画を、お酒飲みながら見るのが好きです。好みは洋画ですかね。『最近借りた映画は』ですか?『クレヨンしんちゃん』ですけど(笑)。いや、こういうほのぼのしたのも好きなんですよ!」

1/4ページ

最終更新:11/16(土) 22:14
テレ東プラス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事