ここから本文です

興行的には最悪展開?!侍Jのプレミア12決勝進出決定も2日連続の日韓戦で消化試合が発生

11/16(土) 6:01配信

THE PAGE

野球の世界一を決める「プレミア12」のスーパーラウンド、韓国対メキシコ戦が15日、東京ドームで行われ、韓国が7-3で逆転勝利、決勝進出を決めると同時に来年の東京五輪出場切符を手にした。韓国の勝利により日本の決勝進出も決定したが、困ったのは興行面。日韓2連戦となり決勝進出がかかる大一番となる可能性のあった16日の日韓戦が事実上の消化試合になってしまったのだ。今大会のスーパーラウンドは、満員になる試合が1試合もなく、連日、閑古鳥が鳴いているが、土曜(16日)の日韓戦、そして日曜(17日)の決勝戦での観客動員が期待されていた。日本にとって嬉し痒しの展開になったのが現実だろう。

興行的には最悪結末

 先取点を奪われた韓国打線が5回に爆発。7点のビッグイニングを作って早々と勝負をつけた。韓国がメキシコに勝ったことで、スーパーラウンドの2試合を残して日本と韓国の決勝進出が決定した。
「プレミア12」での初優勝を狙う日本にとって喜ばしい朗報だが、困ったのは運営サイド。

 スーパーラウンド開幕のZOZOマリンでの豪州戦は、あいにくの雨模様の天候もあって、キャパの半分ほどの1万7819人の閑古鳥。東京ドームに場所を移しても12日の米国戦が、2015年の侍ジャパン発足以来、強化試合を除く国際試合で初となる3万人切りの2万7827人、13日のメキシコ戦はなんとか3万人を超え3万1776人となったが、三塁内野席や二階席には空席が目立った。

 ただ、この土日には観客動員が期待されていた。16日のスーパーラウンド最終戦の相手は、宿敵の韓国。当初、この試合が、決勝進出を決める剣が峰と考えられていたからなおさらだ。だが、2試合を残して早々と両チームの決勝進出が確定したことで、そのドル箱が、一転、事実上の消化試合になってしまったのである。

 韓国対メキシコ戦が始まる前の時点でも、16日の日韓戦の前売りは1万6000円のダイヤモンドボックス、1万円のチャンピオンシートといった高額の席と2300円の外野指定席は売り切れていたが、指定席S、同A、同B、同C席などは売れ残っていた。

 日韓2連戦となり、16日は勝敗に関係のない消化試合となったことで、当日売りのチケットがはけることは期待薄となった。また決勝戦についても、まだ内野の指定席が売れ残っている状態。
 真剣勝負の大会で、トーナメント方式を採用していないため、このような事態になる可能性は十分に考えられた。日本にとっては、2009年のWBC以来の主要国際大会での決勝進出となり、来年の東京五輪へ向けて絶好の経験を積めることになったが、興行的には、最悪の展開である。

1/3ページ

最終更新:11/16(土) 7:56
THE PAGE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事