ここから本文です

中日1位・石川自分色に染めろ!”竜の貴公子”へ将来の4番候補に『背番号2』提示

11/16(土) 6:20配信

中日スポーツ

 中日がドラフト1位指名した石川昂弥内野手(18)=愛知・東邦高=に対して、背番号「2」を提示していた。昨年限りで引退した荒木雅博・現2軍内野守備走塁コーチ(42)が背負っていた空き番号を将来の4番候補に託す格好。与田剛監督(53)は15日、秋季キャンプ中の沖縄・北谷で背番号2に込めた思いを明かした。

 将来の4番候補に用意していたのは背番号2。3球団競合の末に剛腕で石川を引き当てた与田監督の願いは、2番といえば荒木ではなく、石川への変革だった。

 「もし2番になってもね、荒木コーチが付けていたというのは全然気にしなくていいよね。どの番号であっても、石川君が新しいイメージをつくればいいと思うよ」

 この日、秋季キャンプ中の北谷でこう説明した。すでに仮契約を済ませている石川には背番号2を提示済み。その中で自らの思いを口にした。

 中日ファンが背番号2で思い浮かべるのは間違いなく荒木雅博だ。ドラフト1位で入団した1996年から23年間背負い続け、俊足の名手として球界に君臨。中日の黄金期も支えた。将来の4番として期待される石川とは同じ右打ちとはいえタイプが違う。だからこそ、“石川色”に染めてほしいという願いだ。

 もちろん、日米球界には強打の内野手は何人もいる。日本ハム、巨人で通算378本塁打を誇った小笠原道大・前中日2軍監督(来季・日本ハム1軍ヘッド兼打撃コーチ)や、ソフトバンク、米マリナーズなどで活躍した日米通算292本塁打の城島健司、同278本塁打のDeNA・ロペスも。米球界での代表格・ヤンキースのデレク・ジーターのような3000安打達成への期待を聞かれると指揮官は「ハッハッハ」と笑った。

 荒木コーチの引退とともに、平成のドラゴンズ背番号2ヒストリーは幕を閉じた。時代は令和。竜の背番号2にどんな未来が待っているのか。石川がさらに輝かせるはずだ。

最終更新:11/16(土) 6:20
中日スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事