ここから本文です

ブラック企業の「社畜」になってない?抜け出すなら今話題の退職代行に頼るのもアリ!?

2019/11/16(土) 20:10配信

LIMO

社畜と呼ばれる人の特徴とは?

上記のような「ブラック企業」で働き続けていると、中にはだんだんと思考がマヒし、そのような状態が当たり前だと思い込んでしまう人がいます。その結果、今の状態に何の疑問を感じることもなく、ただ上司に言われるがまま、がむしゃらに働き続けるようになってしまうのです。これが、いわゆる「社畜」とよばれる状態です。

社畜と呼ばれる人は、無条件に上司に従う傾向があるため、「仕事を断らない」「休日出勤や残業をいとわない」など、仕事に対する自主性はあまりありません。しかし、社内での評価をやたら気にするため、どれだけ自分が会社のために働いているかということを強くアピールしたがる傾向があるといわれています。

Cさんが以前勤務していた企業では、残業時間になっても、ほとんどの社員が当たり前のように自席に戻って業務を行っていました。飲み会での話題は、すべて先輩たちの「残業時間の多さ自慢」「何日連続で深夜残業や職場で徹夜をしたかの記録自慢」だったといいます。Cさん曰く「今思えば、社畜と呼ばれる人たちの巣窟だったのかもしれません…。」

「社畜」から抜け出そう!今は「退職代行サービス」もある

「あれ? もしかして自分は社畜かも?」と感じたときにはまず対処法を考えましょう。

例えば、やってもやっても終わらないほどに仕事の量があるなら、クオリティーを上げることを考えてみましょう。自分の仕事内容に無駄がないかを見直し、無駄を省くことで、オーバーワークを減らすことができます。

また、上司から指示を受けたときに、「この指示は適切なのか?」を考える習慣をつけることも大切です。上司に意見をするのは難しいかもしれませんが、考えなしに上司の言いなりになってしまうという状態を改善することはできます。

しかし、どんなに自分が変わろうとしても、会社がブラック企業である場合、「社畜」である状態を強要されてしまうこともあります。そんなときは、退職を視野に入れるのもありかもしれませんね。

ただ、中には「なんだかんだと引き止められて、辞められない。」「辞意を表明しているにもかかわらず聞いてもらえない。」という具合に、なかなか退職できない状態に陥ることもあります。そんなときは、今話題の「退職代行サービス」を検討してみるのもよいかもしれません。

 退職代行サービスとは

その名の通り、「退職希望者の代わりに退職希望の旨を会社に伝える。」ということをしてくれるサービスです。なかには、退職届を会社に届ける、貸与品などを返却してくれる、といったオプションを用意している業者もあります。

「もう二度とあの会社には行きたくない」と思う利用者にとっては、会社側と接点を持たずに辞めることができるというのは、非常に魅力的な点ですが、業者によっては「伝えるだけで終わり」「給与の未払いなどがあっても交渉まではしてくれない」といったことも耳にします。利用するときには慎重に業者を選ぶことをお勧めします。

まとめ

生活するためには、働かなくてはいけませんが、「ブラック企業」で「社畜」として働き続けることで、自分が心身ともに疲れ切ってしまうというのはいただけません。辞めると決めたら、「退職代行サービス」の利用もよいでしょう。

ただし、「辞意をつたえるだけでなく、退職条件の交渉などもしてほしい。」と思うのであれば、トラブル防止のためにも、業者選びは、より慎重に行ったほうがよいかもしれません。

LIMO編集部

2/2ページ

最終更新:2019/11/16(土) 21:30
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事