ここから本文です

定年なのに住宅ローンが終わらない!老後破産しないためにやるべきこと

11/16(土) 19:15配信

LIMO

「人生で一番高い買い物」といわれるマイホーム。「いつかは欲しい!」と考えている人も少なくありませんよね。一方、「定年が近いのに住宅ローンがまだ残っている」という悩みを抱える人も増えています。定年までに住宅ローンが完済できないと、それが老後の重い負担になってしまう可能性も否定できません。

世帯主の年齢別、貯蓄と負債に関するグラフを見る

負債に占める住宅ローンの割合

はじめに、総務省統計局の「家計調査報告[貯蓄・負債編]平成30年(2018年)平均結果の概要(二人以上の世帯)」をもとに、住宅ローンを抱えた世帯の貯蓄と負債のリアルをみていきましょう。

下記のグラフは、「借金がある」と回答した世帯(負債保有世帯)のみを対象とした貯蓄現在高と負債現在高の平均値を世帯主の年齢階級別に示したものです。(グラフ「世帯主の年齢階級別 貯蓄・負債現在高」を参照)

負債現在高に占める「住宅・土地のための負債」の割合は下記のようになっています。(グラフ「世帯主年齢階級別 負債現在高の内訳」を参照)

貯蓄現在高は年齢が上がるにつれて増加して、70歳代以降が最も高くなっています。一方、負債現在高のピークは30歳代で、2000万円を突破しています。いずれの年齢階級でも負債現在高のほとんどを「住宅や土地のための負債」が占めていることがわかりますね。

負債現在高は年齢が上がるとともに減少して、60歳代では773万円(住宅や土地のための負債は610万円)まで下がっています。しかし、70歳以降の負債現在高は60歳代の数字を上回っています。このうち、「住宅や土地のための負債」は592万円と60歳代とほぼ同程度で、ほとんど減っていません。一方、その他の負債(住宅・土地以外の負債や月賦・年賦)が増えたために負債現在高が830万円にアップしているのです。

住宅ローンは何歳まで申し込めるのか

「住宅ローンは何歳まで申し込めるのか」や「何歳までに完済すればいいのか」は、金融機関やその商品ごとに異なります。たとえば、住宅金融支援機構が民間の金融機関と提携して提供している「フラット35」を見てみましょう。

親子リレー返済を利用しない場合に申込みができる年齢は70歳未満、完済の上限を80歳としています。

とはいえ、実際には50代以降で住宅ローンを利用する人は多くありません。2018年に国土交通省が公表した「平成29年度住宅市場動向調査報告書」によると、注文住宅や分譲戸建住宅、分譲マンションを初めて購入する年齢は「30歳代」が最も多くなっています。注文住宅(建て替え除く)の48.1%、 分譲戸建住宅の55.1%、分譲マンションの48.4%が30歳代の購入者です。次に多いのが「40歳代」で、2~3割弱程度を占めています。

40歳で35年ローンを組んだ場合、繰り上げ返済なしで完済するのは75歳です。65歳まで働いたとしても、10年分のローンが残ってしまう計算です。たとえば、定年の時点で600万円の住宅ローンが残っている場合なら、利息を無視して単純に計算しても1年間で60万円、1カ月に5万円ずつを返済していかなくてはなりません。

1/2ページ

最終更新:11/16(土) 20:05
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事