ここから本文です

しんのすけが秘宝を託された選ばれし勇者に!『映画クレヨンしんちゃん』新作映像解禁

11/16(土) 17:00配信

クランクイン!

 国民的アニメ『クレヨンしんちゃん』の劇場版第28作目となる『映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者』より、最新映像とティザービジュアルが解禁。映像では、しんのすけが秘宝を託された選ばれし勇者として活躍する姿が描かれている。

【写真】『映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者』前売り特典


 シリーズ第28作目となる本作では、誰もが一度は思い描く「もしも自分の描いた絵が動きだしたら…」という夢をテーマに、嵐を呼ぶ5歳児・野原しんのすけが、クレヨン1本を手に、そんな楽しい世界を描き出す。テレビシリーズで以前から演出を担当してきた京極尚彦が劇場版を初監督し、脚本は映画『婚前特急』『そこのみにて光輝く』の高田亮が手掛ける。

 今回解禁となった最新映像で描かれるのは、地上のラクガキをエネルギーにして浮かぶ王国・ラクガキングダム。地上では時代の流れによりめっきりラクガキが減り、王国は崩壊の危機に直面していた。ラクガキングダムの王国軍は国の命運をかけて無理やり人間にラクガキをさせる作戦「ウキウキカキカキ作戦」を決行し、地上への進撃を開始。その下にはしんのすけたちが暮らす春日部があった。

 一方、ラクガキングダムの姫が、決死の覚悟で地上へ託した王国の秘宝「ミラクルクレヨン」を授ける勇者に選ばれたのは、まさかのしんのすけ。その「ミラクルクレヨン」でしんのすけは、二日目のおパンツ“ブリーフ”、憧れのななこおねえさんを描いたはずが、本物とは似ても似つかぬ“ニセななこ”、そして頼りにならない救いのヒーロー“ぶりぶりざえもん”を描く。彼らはスケッチブックから飛び出して、しんのすけと大活躍。選ばれし勇者しんのすけ一人と、ラクガキたち三人(?)の“ほぼ”四人の“ほぼ”勇者が誕生する。

 さらに映像には「あなたは地球上でただひとり、ミラクルクレヨンを使える勇者なのです!」と、姫の意思を汲んでクレヨンを渡す宮廷画家や、「ウキウキカキカキ作戦」の決行を宣言する防衛大臣も登場。地球上が大混乱の中、世界の平和を託されたしんのすけは、ラクガキたちと力をあわせて戦うも、ところが(やっぱり)ぶりぶりざえもんの裏切りが。果たしてしんのすけとラクガキたちは、世界をオタスケすることができるのか。物語の行方に興味をかきたてられる映像となっている。

 ティザービジュアルは、イラストレーターで漫画家でもある久野遥子がデザインを担当し、本作のテーマに通ずる「クレヨン」や「色鉛筆」を画材に使用。地上に落下寸前のラクガキングダムを前に、クレヨンで自由にラクガキするしんのすけや、描いたスケッチブックから次々に飛び出すブリーフ、ニセななこ、ぶりぶりざえもんたちが優しいタッチで描かれている。

 『映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者』は2020年4月24日より全国公開。

最終更新:11/16(土) 17:00
クランクイン!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事