ここから本文です

【プレミア12】4番鈴木が圧倒的存在感、投手陣も安定… 侍Jここまで投打個人成績は?

11/16(土) 7:40配信

Full-Count

4番の鈴木を中心に「上位、中軸、下位」どこでも力を発揮する強打者が揃う

 11月2日(日本時間3日)に開幕した「第2回 WBSC プレミア12」も残すところ2日。野球日本代表「侍ジャパン」はオープニングラウンド3勝、スーパーラウンドは現在まで3勝1敗(1勝はオープニングラウンドの数字を持ち越し)でここまできている。

【写真】周・東・佑・京の4文字で躍動感あふれる作品に! 原愛梨さんが描いた1分16秒で描かれる“神足・アート”の実際の映像

 過去6試合の選手の通算成績を見ていこう。数字は11月13日時点。

○野手陣(安打数順)

外・鈴木誠也(広)21打10安3本11点2盗3四 打率.476
内・浅村栄斗(楽)17打6安0本4点0盗3四 打率.353
内・菊池涼介(広)19打6安0本2点0盗1四 打率.316
内・坂本勇人(巨)20打6安0本1点1盗0四 打率.300
外・近藤健介(日)17打4安0本2点0盗9四 打率.235
外・丸佳浩(巨)20打3安0本2点0盗4四 打率.150
内・松田宣浩(ソ)20打3安0本0点0盗0四 打率.150
捕・會澤翼(広)11打2安0本0点0盗3四 打率.182
内・源田壮亮(西)5打2安0本4点0盗0四 打率.400
内・外崎修汰(西)7打2安0本0点0盗2四 打率.286
外・吉田正尚(オ)15打2安0本1点0盗1四 打率.133
内・山田哲人(ヤ)14打1安0本1点0盗4四 打率.071
捕・甲斐拓也(ソ)5打0安0本0点0盗0四 打率.000
捕・小林誠司(巨)2打0安0本0点0盗1四 打率.000
外・周東佑京(ソ)0打0安0本0点4盗0四 打率.000

 今回の侍ジャパンの特色は中軸を任せることができる上に、走力もある選手が多いことだ。鈴木は全チームを通じて打率、本塁打、打点1位。現時点では3冠王だが、その周囲を浅村、坂本、近藤、丸、松田、外崎、吉田、山田など「上位、中軸、下位」どこでも力を発揮する強打者が取り巻いているのが強みだ。

 稲葉監督は相手投手や選手の調子に合わせて自由にオーダーが組める。そのうえで、守備のスペシャリストでつなぐ打撃の名手である源田や菊池、3人の捕手などを適宜配している。さらに「足の秘密兵器」周東が最後に控えるという布陣だ。打線を固定しなくても機能するので、稲葉監督の采配の自由度は高い。

1/2ページ

最終更新:11/16(土) 7:40
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事