ここから本文です

U-22日本代表、東京五輪へのサバイバルが激化! 国内初陣に挑む個性豊かな22人を徹底紹介!

11/16(土) 15:44配信

SOCCER KING

「現時点でのベストメンバー」。キリンチャレンジカップ2019(対U-22コロンビア代表)に挑むU-22日本代表を、森保一監督はそう表した。その言葉を示すように、同試合にはすでにA代表の常連に上り詰めた選手も招集。同時期のA代表活動を回避させてまで、東京五輪世代の国内初陣にベストメンバーをそろえた。2020年東京オリンピックの代表へ、アピールに成功するのは誰か? “サバイバルレース”に挑む個性豊かな22名を紹介する。

文=藤江直人
写真=Jリーグ、ゲッティイメージズ

1.GK 大迫敬介

生年月日:1999年7月28日(年齢20歳)
身長・体重:186cm・86kg
出身地:鹿児島県
所属クラブ:サンフレッチェ広島
巡ってきたチャンスで一発回答を示してサンフレッチェ広島のレギュラーを射止め、東京五輪世代の守護神をも拝命しようとしている。今季初の公式戦、チェンライ・ユナイテッド(タイ)とのACLプレーオフを前にベテラン林卓人が負傷。急きょ公式戦デビューを命じられた一戦で好セーブを連発して勝利を手繰り寄せると、開幕したJ1でも継続して出場。6月のコパ・アメリカでフル代表デビューを果たし、ともに招集された川島永嗣(ストラスブール)が培ってきた濃密な経験を共有するなど、東京五輪前年において心技体のすべてでたくましく成長した。

12.GK 谷晃生

生年月日:2000年11月22日(年齢18歳)
身長・体重:189cm・82kg
出身地:大阪府
所属クラブ:ガンバ大阪
東京五輪に臨む男子代表チームを、森保一監督が率いることが決まったのが2017年12月。初陣となったM-150カップで招集された3人のGKの中に、大迫とともに名前を連ねた。当時はともにユース所属だったが、大迫とは対照的に、昨季に飛び級で昇格したトップチームでまだJ1デビューは果たせていない。今季は2月と4月に相次いで左肩を痛め、選出が確実視されていたU-20ワールドカップも棒に振った。悔しさを糧に、テレビ画面の向こう側で活躍する大迫らの姿を刺激にも変えながら、先月のブラジル遠征に続く招集を勝ち取った。

1/8ページ

最終更新:11/17(日) 2:58
SOCCER KING

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事