ここから本文です

クーマン監督、同胞のデパイを称賛「マンU時代より遥かに成長した」

11/16(土) 16:45配信

SOCCER KING

 オランダ代表を率いるロナルド・クーマン監督はリヨンに所属する同国代表FWメンフィス・デパイを称賛した。16日にイギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。

 デパイは2015年にPSVからマンチェスター・Uへと完全移籍を果たした。多くのファンが注目を集めていた同選手だが、期待に応えることはできず、2017年にはリヨンへと売却された。

 しかし、リヨン加入後は130試合に出場し50ゴール42アシストを記録。クラブのエース格として活躍を繰り返しており、プレミアリーグ復帰の噂も浮上するようになった。

 クーマン監督はデパイについて次のように語っている。

「デパイは素晴らしい選手だが、彼がマンチェスター・Uに移籍した当時はまだ若すぎたと思う。現在では多くの経験も積み、代表チームでも良い結果を残している。当時と比較しても遥かに成長したのが明らかだ」

SOCCER KING

最終更新:11/16(土) 16:45
SOCCER KING

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事