ここから本文です

前回日本一・青森山田、PK戦の末に全国へ!

11/16(土) 14:39配信

ゲキサカ

[11.16 選手権青森県予選決勝 青森山田高 0-0(PK4-2)八戸学院野辺地西高 青森県総合]

 第98回全国高校サッカー選手権青森県予選決勝が16日に青森県総合運動公園陸上競技場で行われ、昨年度日本一の青森山田高が23年連続25回目の全国大会出場を決めた。

 浦和内定MF武田英寿主将(3年)や横浜FC内定MF古宿理久(3年)が先発した青森山田は、武田のドリブル突破やサイドからのクロスで相手にプレッシャーをかけた。だが、前半にMF松木玖生(1年)の左足シュートがクロスバーを叩いたほか、後半半ば以降は圧倒的に攻めながらも八戸学院野辺地西高GK鈴木奏汰(2年)やCB宍戸勇介(3年)の好守の前に得点を奪うことができなかった。

 延長戦を含めて100分間得点できなかった青森山田だが、0-0で突入したPK戦で勝負強さを発揮した。GK佐藤史騎(3年)が八戸学院野辺地西の1人目をストップ。青森山田は4人全員が決め、4-2で競り勝った。

最終更新:11/16(土) 14:46
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事