ここから本文です

藤ヶ谷太輔、心に傷を抱えた家具職人に ラブストーリーで奈緒と初共演

2019/11/17(日) 5:00配信

シネマトゥデイ

 また、海外版タイトルは「Us Forever」で、香港、タイ、インドネシア、カンボジア、フィリピン、シンガポール、ミャンマー、モルディブの8つの国と地域でも放送されることが決定している。(編集部・大内啓輔)

ドラマ「やめるときも、すこやかなるときも」は日本テレビにて2020年1月20日深夜24時59分スタート(毎週月曜)ほか

藤ヶ谷太輔(須藤壱晴役)コメント

「シンドラ」は、以前Kis-My-Ft2のメンバーもお世話になっていて、エッジの効いた作品も多かったので、ラブストーリーと聞いて驚きました。恋愛ドラマというと、綺麗だったり、胸キュンが多いと思っていたのですが、今回はリアルな人間模様やモヤモヤした気持ちが丁寧に描かれていて、よりチーム感が大切になる作品だと思っています。

僕が演じる須藤壱晴は、僕と同じ30代で、職種こそ違いますが、自分自身の葛藤や、仕事に対する考え方など共感できる部分が多くあります。壱晴は、一見何を考えているかわからない不思議な人ですが、僕自身はそこが好きで、一番の魅力だと思っています。彼の魅力を崩さず、丁寧に自然体で演じたいと思います。ドラマを通じて、壱晴だけでなく、僕自身も人としてもう一歩、二歩と、ステップアップしていけたらと思います。

今回、アジアに向けて発信するということで、僕たちもグループの活動の中でアジアに視野を向けているので個人の挑戦とグループにも貢献できたらいいなと思っています。エンタメの一つとして楽しんでいただけたら嬉しいです。

この作品は、決してキラキラしているだけではなく、仕事や年齢、人間関係など男女問わず共感してもらえるような要素が散りばめられています。良いところも悪いところも、リアルに人間らしく描きます。どの役でも、どの言葉でもいいので、この作品を観ていただいて、皆さんの中で、何かのきっかけになったらいいなと思います。

多くのメッセージが込められている作品になるので、ぜひたくさんの方に観ていただけたら嬉しいです。

2/3ページ

最終更新:2019/11/17(日) 5:00
シネマトゥデイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事