ここから本文です

有村藍里&たなか(前職・ぼくのりりっくのぼうよみ)が“狂気”を体現! ミオヤマザキ「メンヘラ -2019ver-」MV解禁

11/17(日) 21:01配信

M-ON!Press(エムオンプレス)

■「私たちにとって始まりの曲でもある『メンヘラ』。成長なのか、変化なのか、進化なのか、聴いてくれる皆さんの耳と目で解釈してもらえればと思います」(ミオヤマザキ・mio)
ミオヤマザキが「メンヘラ -2019ver-」のミュージックビデオを公開した。

【動画】ミオヤマザキ「メンヘラ -2019ver-」ミュージックビデオ

この楽曲は、ミオヤマザキが2015年にリリースした「メンヘラ」を再レコーディングしたもの。12月25日にリリースされる、ミオヤマザキのアルバム『じゃあどうやったら愛してくれんだよ』にも収録される。

東市篤憲が監督を務めたミュージックビデオは、有村藍里、たなか(前職・ぼくのりりっくのぼうよみ)をキャストとして迎え、メンヘラをテーマに狂気的な楽曲の世界観に寄り添った内容。

ミュージックビデオについてmioは、「紛れもなく“いま”のミオヤマザキが詰まったミュージックビデオになっていると思います」とコメントしている。

2020年1月11日には横浜アリーナでの公演を控えているミオヤマザキ。デビューから5年間挑戦を続けている彼女たちの「今」を観ることができる。

有村藍里 コメント
恋愛をしたことがある人なら、共感できる部分がいくつもあるのではないかと思える曲です。わたしもミオヤマザキさんの「メンヘラ」をよく聴いていたので、今回新しいミュージックビデオに出演させていただくことができて、大変光栄です。撮影もとても楽しい雰囲気でしたし、ミオヤマザキさんにもお会いできてうれしかったです。

たなか コメント
ミオヤマザキは昔からずっと知っていて、先日たまたまtakaさんとお会いする機会があり、めちゃ魅力的だなーと思っていたので、今回のオファーいただけて光栄でした! かわいそうな男性という感じがうまいこと出てたらいいなと思います!

mioコメント
私たちにとって始まりの曲でもある「メンヘラ」。これまで数え切れないほど歌ってきた思い入れのある曲です。5年を経た今、原点に立ち返るため、あえてもう一度レコーディングし、アルバムに収録し、そして映像作品として発表しました。成長なのか、変化なのか、進化なのか、聴いてくれる皆さんの耳と目で解釈してもらえればと思います。紛れもなく「いま」のミオヤマザキが詰まったミュージックビデオになっていると思います。

ライブ情報
ミオヤマザキZeppツアー「ミオヤマザキZeppツアーやるってよ」
11/23(土) 大阪・Zepp Osaka Bayside ※Guest Act 阿部真央
11/24(日) 愛知・Zepp Nagoya ※Guest Act 悲撃のヒロイン症候群
12/01(日) 東京・Zepp Fukuoka ※Guest Act 土屋アンナ

ミオヤマザキワンマンライブ「私を愛してくれないなら死んで」
2020年
01/11(土)神奈川・横浜アリーナ

リリース情報
2019.12.25 ON SALE
ALBUM『じゃあどうやったら愛してくれんだよ』

『ミオヤマザキワンマンライブ「私を愛してくれないなら死んで』特設サイト
http://toilandmoil.co.jp/mioyamazaki/0111yokoari/

ミオヤマザキ OFFICIAL WEBSITE
http://www.mioyamazaki.jp

最終更新:11/17(日) 21:01
M-ON!Press(エムオンプレス)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事