ここから本文です

中山秀征 因縁の沢尻容疑者逮捕に「頑張っているんだなと感じた矢先」

11/17(日) 13:41配信

東スポWeb

 タレントの中山秀征(52)が17日、MCを務める日本テレビ系情報番組「シューイチ」で、合成麻薬MDMAを所持したとして前日(16日)に逮捕された女優・沢尻エリカ(33)に言及した。

 中山にとっては“因縁”の相手だった。2007年9月、自身がMCを務めていた同局系「ラジかるッ」に沢尻容疑者が主演映画「クローズド・ノート」のPRで出演。司会者の質問に「別に」と答えて猛バッシングを浴びることになった同映画の舞台あいさつの前日のことで、中山の質問に終始不機嫌そうな態度を取って話題になった。

 中山は「『別に』の発言の前日だったんですが、その時にあの雰囲気だったんです」と振り返ったが、その数年後に沢尻容疑者は「シューイチ」に出演。「あの時は本当に申し訳なかった、反省していますと明るく語ってくれて、頑張っているんだなと感じた矢先だったし、表情も変わって、僕からすると順調にいっているんだなと思っていた」と無念そうに話した。

 同じくMCを務める女優の片瀬那奈(38)は、沢尻容疑者を妹のようにかわいがり、プライベートでも交友が深かったそうで「悲しくて、ショックで、驚きと…本当に渦巻いてて」と気持ちの整理がつかない様子。続けて「これだけ近くにいて何も知らなかったというのは悲しいし、裏切られた気持ち。近かったから言えなかったのか。この世界ではいろんな人が助けてくれて、いろんな人が動いてくれて、今、大切な仕事がある中で裏切ること、悲しませること、迷惑をかけることはあってはならないと思う」と話した。

最終更新:11/18(月) 23:44
東スポWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事