ここから本文です

例大祭前の境内、伝統「湯立て」で清める 浜松・水窪の山住神社

11/17(日) 8:31配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 浜松市天竜区水窪町の山住峠にある山住神社で15日夜、伝統の「湯立て」が行われた。17日の秋季例大祭を前に行う神事で、神職が身や境内を清めた。

 「清めの水」を湯釜で沸かしながら、湯立ての舞を奉納した。湯気とたき火の煙が部屋に立ちこめる中、鈴と扇を手に一心不乱に舞い続けた。

 沸かした湯はおけに移してササの葉を浸し、本殿や鳥居、御神木、例大祭で使う道具などに散らし掛けて隅々まで清めた。

静岡新聞社

最終更新:11/17(日) 8:31
@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事