ここから本文です

前田さん最高賞 福島で日本画創美展

11/17(日) 9:27配信

福島民報

 第五十六回日本画創美展は十六日、福島市のとうほう・みんなの文化センター(県文化センター)で開幕した。最高賞の創美賞に前田恒文さん(福島市)の「納経堂」、福島民報社賞には本田美喜子さん(同)の「希望」が選ばれた。

 日本画創美会の主催で県芸術祭参加行事。安藤精重会長ら会員約五十人の作品約八十点を展示している。協賛の小原流福島支部の生け花が会場を彩っている。

 会期は二十日まで。入場料二百円。時間は午前九時半から午後四時(最終日は午後三時)まで。

 その他の受賞者は次の通り。

 ▽県芸術文化団体連合会賞=鴫原ミネ(伊達)▽福島市長賞=阿部トシイ(福島)▽福島市議会議長賞=田沢幸一(福島)▽福島市教育長賞=前田真由美(福島)▽県日本画協会賞=青柳佐智子(福島)▽福島市文化団体連絡協議会長賞=佐藤隆裕(伊達)▽福島民友新聞社賞=桜井信子(福島)▽福島テレビ賞=片平智子(福島)▽テレビユー福島賞=武藤幸一(二本松)▽絵工堂賞=木村芳美(福島)▽昭文堂賞=野田秀麿(伊達)▽努力賞=花井孝雄(桑折)斉藤汎伊(いわき)武藤優子(福島)▽奨励賞=松田貞夫、高橋淳子(福島)大木戸繭子(伊達)

最終更新:11/17(日) 9:27
福島民報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事