ここから本文です

韓米合同訓練の延期決定 米国「善意の措置」=北に対話再開求める

11/17(日) 15:40配信

聯合ニュース

【バンコク聯合ニュース】韓国国防部の当局者は17日、タイ・バンコクで開かれた韓米国防相会談で、今月の開催を予定していた韓米両空軍による合同訓練の延期が決まったと伝えた。

 米朝による非核化に向けた外交交渉を後押しするための措置とみられる。米朝両国は近く実務者協議を実施する見通しだ。

 エスパー米国防長官も韓国の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防部長官との会談後、「両国の国防当局が緊密に協議し、慎重に検討した結果、今月の訓練を延期することで合意した」と発表した。また、「両国のこうした決定は外交的努力と平和を促進する環境をつくるための善意の措置」と強調。「北朝鮮もまた演習と訓練、(ミサイル)試射を実施する決定をする際、これに相応する誠意を示してほしい」と呼びかけた。

 鄭長官は「今回延期した合同訓練をいつ再開するかについては今後の状況を見ながら、韓米間で緊密に協力して決める予定」と説明した。

 エスパー長官は「われわれは北朝鮮が条件なしに交渉のテーブルに戻ることを求める。韓米両国が合同訓練の延期を決めたが、朝鮮半島の合同戦力は高いレベルの準備態勢を維持できるようにする」と強調した。

 今回延期が決まった合同訓練は、年内は実施しない見通し。

最終更新:11/17(日) 18:15
聯合ニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ