ここから本文です

マクラーレンのカルロス・サインツJr.、F1ブラジルGPは最後尾グリッドから怒涛の追い上げなるか? 「決勝は全開でいく」

11/17(日) 19:40配信

motorsport.com 日本版

 マクラーレンのカルロス・サインツJr.は、予選Q1でイグニッションの配線トラブルに見舞われたことでタイムを計測できず、決勝を最後尾からスタートすることになった。マクラーレンにパワーユニット(PU)を供給するルノーはセッション後にトラブルの原因を突き止めたが、PUのコンポーネントを交換するかどうかは決まっていないようだ。

【動画】2019年F1第20戦ブラジルGP予選ハイライト

 サインツJr.は走行距離を重ねた“金曜日用”PUを保持しているが、最後尾スタートの彼が新しいPUを投入してグリッド降格ペナルティを受けた場合でも、スタート位置に変わりはない。

 また、チームはサインツJr.の後方からのオーバーテイクを容易とするため、ドラッグの少ないマシン仕様に変更するという選択肢もあるが、その場合はピットレーンからのスタートとなる。

「現時点では様々な選択肢を検討している」とマクラーレンのマネージングディレクターであるアンドレアス・ザイドルは語った。

「我々は(決勝で)何をしたいのか、その結果どうなるのかを把握し、分析する必要がある。予選ではイグニッションの配線システムが故障し、その結果カルロスのマシンはパワーを失った」

 最後方からの追い上げを狙うサインツJr.は、レースではタイヤの管理をしながら攻める必要があると考えている。

「レースでは全開アタックを行うことになると思う」とサインツJr.は語った。

「もちろん、ピレリタイヤでは全開アタックが常にできるわけではない。だから実際のところはタイヤマネージメントと全開アタックの妥協点を探すことになると思う。それはおそらく難しいことだけど、その方法をなんとかして見つけ出さなければいけない」

 サインツJr.のチームメイトであるランド・ノリスも11番手に終わり、マクラーレンはQ3に進出することができなかった。なお、ノリスはシャルル・ルクレール(フェラーリ)がPU交換のグリッド降格ペナルティを受ける関係で、10番グリッドからレースをスタートする。

「僕たちは今季、ある特定のタイプのコーナーが存在するコースではあまり強くないという傾向がある」とサインツJr.は続けた。

「おそらくこのトラック(インテルラゴス)ではそういったタイプのコーナーが多いんだ。それがトラックによってパフォーマンスが落ちる理由だと思うけど、かといってそれは僕たちがポイントを獲得できない、ということを意味しない」

「それはただ、調子の良かったオーストリアと比べて難しい展開になるのかどうか、といったことなんだ。ポイントを獲得できないというわけではない」

 一方でQ3進出に0.010秒届かなかったノリスだが、マシンから出来る限りのものを引き出したという。

「マシンバランスを改善するのは大変だったから、とても満足だ」とノリスは話した。

「昨日(金曜)から今日にかけていくつか進歩を遂げた。ただ、ニュータイヤの持ち味を最大限引き出せるマシンにはなっていない」

「引き出せるものが限られているようなイメージだから、まだ大きく改善することができると思う。でもバランスの面では満足しているよ」

 Q3に進出したドライバーはQ2で使用したタイヤを履いて決勝をスタートする義務があるため、Q3に進出した中団勢は必然的に中古のソフトタイヤでスタートすることを余儀なくされる。しかし予選11番手のノリスにはその義務がないため、作戦の幅が広がるアドバンテージが存在すると言える。

「僕のスタートタイヤがどの種類であれ、新品のタイヤになるだろう」とノリスは付け加えた。

「だから少なくとも、僕の前にいる数人よりは優位な状況と言える。しかもルクレールのペナルティで僕は10番グリッドだ」

「僕がハード、ミディアム、ソフトのどれを選ぶかはまだ分からないけど、それ(タイヤ選択の自由)は最もポジティブな点のひとつだ」

Adam Cooper

最終更新:11/17(日) 19:40
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事