ここから本文です

“7人の岸洋佑”が躍動!「THE ONEMEN'S」ワンマンで岸が届けた「壮大なおふざけ」

11/17(日) 12:16配信

音楽ナタリー

岸洋佑が11月10日に東京・日本橋三井ホールでツアー「YOSUKE KISHI LIVE TOUR "THE ONEMEN'S"」の最終公演を開催した。

【写真】岸洋佑「THE ONEMEN'S」通常盤ジャケット(メディアギャラリー他7件)

今回のツアーは、9月に岸の2ndミニアルバム「THE ONEMEN'S」がリリースされたのを機に、東名阪の3会場で行われたもの。収録曲を擬人化した岸そっくりのキャラクターが6人組ユニット・THE ONEMEN'Sとしてジャケットを飾るミニアルバムにちなみ、ツアーもTHE ONEMEN'Sのライブツアーという趣向で行われ、岸は“岸P(プロデューサー)”として公演を統括。“1人7役”の働きで、集まったファンを大いに楽しませた。

「最初から最後まで、エンタテインメントとして楽しんでもらえたら」という岸Pの挨拶からスタートしたライブではTHE ONEMEN'Sメンバーが順にステージに姿を見せ、2曲ずつパフォーマンスを披露していった。先陣を切って登場したリーダーで赤担当のようすけは、2ndミニアルバムのリード曲でつんく♂が作詞を手掛けた「ごめんね」を1曲目に披露。丁寧に曲を歌い上げ「個性的なメンバーが集まっていますので、最後まで愛してもらえたら」と6人を代表して思いを語った。続いて現れたのはオレンジ担当、特技は接客というすけさん。彼は吉野家目黒店で磨いた礼儀正しさで観客に接し、「心を込めて牛丼への愛を歌いたいと思います」と、ギターを手に「牛丼の歌」を届ける。すけさんの朗らかな歌声に、観客は「給料日ー」「ごはん炊くー」とコーラスパートを担って反応。この温かなムードを感じ取ったすけさんは、歌い終えると「うっ。感のほうが無量でございます!」と感激の表情を浮かべていた。

緑担当の岸くんは、引きこもりがちな大学生。彼は「人いる……」とつぶやきながらオドオドとした様子で姿を見せると、「岸Pが実は一番大事にしている曲を」と、岸が師匠と仰ぐマシコタツロウから譲り受けた「いついつまでも」をギターの弾き語りで丁寧に歌い届けた。ピンク担当のお岸は、のほほんとしたオーラをまとった元サラリーマン。アイドル然とした立ち居振る舞いで観客を盛り上げたお岸はフレッシャーズの応援ソング「Door」を手拍子を求めながらハイテンションに歌い、柔らかなファルセットでもオーディエンスを魅了する。そして「岸Pから『僕が一番かわいいと思ってる曲あげるね』って言われたので歌います」と、「ライム」をさわやかに披露して会場を一層盛り上げた。

お岸の「次は僕の一番苦手なメンバー」という紹介で姿を見せたのは青担当のチャラ男・KISSY。登場するなり「ヒエーイ! ポンポンポーン!」とフルスロットルでステージを動き回り、KISSYは「メンバーみんな固い固い! 俺が盛り上げようと思って」と、ポップなサマーソング「夏のシンパシー」をタイトルコールした。曲中でも「ポンポン!」「ポンポン!」というコール&レスポンスを巻き起こした彼のハイテンションはとどまることを知らず、客席も総立ちでブルーのペンライトを振る。ファンのノリのよさを体感したKISSYは「こんなにたくさんの人がパリピだなんて思わなかったぜ!」と満足げな表情を浮かべ、自身のパートを駆け抜けた。

THE ONEMEN'Sメンバーのソロパフォーマンスのトリを担ったのは、自称“おしゃべりクソコンタクト”こと、ようくん。アニメ好き、さらにはオーイシマサヨシ好きを公言するようくんは、ミニアルバムの通常盤ボーナストラックに収録されている「Sing'n Step」を披露した。オーイシのパフォーマンスではおなじみの“フリップ芸”を踏襲しつつ、元気いっぱいに歌声を届けたようくんは、場内の熱狂に「アイツ(KISSY)に負けるのはイヤだった!」と喜ぶ。そして本編ラストの楽曲として「シズク」を歌うと、大サビではこの日一番のシンガロングが発生。トリの役目をしっかりと務め上げたようくんは大きな笑顔を浮かべながらステージをあとにした。

アンコールでは、岸洋佑がこの日“初めて”ファンの前へ。個性豊かなメンバーを演じ分けながら歌声を届けた岸は「壮大なおふざけにお付き合いくださいまして、本当にありがとうございます(笑)」とオーディエンスに感謝を伝えた。また、ここでは岸が2020年に全国ライブハウスツアーを実施することが発表され、ファンの喜びの声に岸は「最近はいろんな活動をさせてもらっていますが、一度初心に戻って歌で喜んでもらえるよう、新曲も作って披露しようかなと思います」と意気込みを語った。そんな彼がライブのラストナンバーに選んだのは「Everybody!!!」。エンタテイナーぶりを思い切り発揮したツアーを終えると、彼は「これからも一生懸命がんばっていきます。また会いに来てください!」とファンに呼びかけてステージをあとにした。

■ 岸洋佑「YOSUKE KISHI LIVE TOUR "THE ONEMEN'S"」2019年11月10日 日本橋三井ホール セットリスト
01. ごめんね
02. 僕への挑戦状
03. 牛丼の歌
04. 見えない絆
05. いついつまでも
06. クレセチア
07. Door
08. ライム
09. 夏のシンパシー
10. スナイパー
11. Sing'n Step
12. シズク
<アンコール>
13. メッキのメダル
14. Everybody!!!

最終更新:11/17(日) 12:16
音楽ナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事