ここから本文です

防災、楽しく学ぶ 巨大地図で浸水想定域確認 富士

11/17(日) 8:32配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 富士市は16日、楽しみながら防災への理解を深めるイベント「ふじBousai2019」を同市のふじさんめっせで開いた。行政や防災活動に取り組む計約50団体がブースを設け、体験や活動紹介を通じて防災を啓発した。

 同市を2千分の1に縮小した地図を展示しているコーナーでは、河川の氾濫などの水災害による浸水想定地域を確認した。ハザードマップを見ながら自宅の位置を探し、想定される浸水の深さを調べた。縮小地図に自宅の印を付け、災害に備えて避難方法などを考えた。

 会場には陸上自衛隊の高機動車や県警機動隊の高性能救助車の展示があり、親子連れに人気を集めた。記念撮影したり、試乗したりして楽しんだ。

静岡新聞社

最終更新:11/17(日) 8:32
@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事