ここから本文です

井上尚弥PFPランキング自己最高3位に上昇!ついにクロフォード超え

11/17(日) 11:13配信

デイリースポーツ

 ボクシングのWBAスーパー・IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(26)=大橋=が米専門誌「リング・マガジン」がパウンド・フォー・パウンド(PFP)ランキングで自己最高の3位に上昇した。1922年に創刊され、ボクシング界で最も権威があるとされているリング誌は16日、PFPランキングを最新版に更新。井上は前回の4位から順位をひとつ上げて3位となった。

【写真】戦い抜き、抱き合う井上尚弥とドネア

 井上は7日にさいたまスーパーアリーナで開催された、階級最強決定トーナメント「ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ」のバンタム級決勝で、世界5階級制覇のノニト・ドネア(フィリピン)に3-0の判定勝ち。バンタム級最強を証明し、これが評価された。3位にはWBO世界ウエルター級王者のテレンス・クロフォード(米国)がランクされていたが、WBSS決勝後初の更新で井上と入れ替わった。

 PFPとは全ボクサーを同一階級と見なした時のランキングで、米リング誌が発表するそれが歴史と権威が最もあるとされる。上位十傑は次のそうそうたる面々。

 1位 カネロ・アルバレス(メキシコ)

 2位 ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)

 3位 井上尚弥(大橋)

 4位 テレンス・クロフォード(米国)

 5位 オレクサンドル・ウシク(ウクライナ)

 6位 エロール・スペンス(米国)

 7位 ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)

 8位 フアンフランシスコ・エストラダ(メキシコ)

 9位 アルツール・ベテルビエフ(ロシア)

 10位 マニー・パッキャオ(フィリピン)

最終更新:11/17(日) 12:52
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事