ここから本文です

清原和博氏 小学生に捕邪飛に打ち取られ苦笑

11/17(日) 11:24配信

デイリースポーツ

 西武や巨人などでプレーした清原和博氏(52)が17日、久しぶりに打席に立ち、子供たちと“対戦”した。

 沖縄県・浦添市民球場で開催された野球教室に背番号5のユニホーム姿で参加。2016年に覚せい剤取締法違反で有罪判決を受けて以降、公式の場でユニホーム姿、打撃を披露するのは初。試合形式のアトラクションではマウンドに上がった少年野球チームの投手と対決。2ボールから102キロのボールを打ち損じ、捕邪飛に倒れた。捕球した捕手にジョーク交じりに話しかけ苦笑いを浮かべるシーンもあった。

最終更新:11/17(日) 11:38
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事