ここから本文です

中村輪夢、19年有終ぶっちぎりV 東京五輪へ「金メダルも見えてきた」

11/18(月) 7:40配信

スポーツ報知

◆マイナビ・ジャパンカップ自転車BMXフリースタイルパーク(17日、京都・サイクルパーク京都)

 男子エリートクラスは、3日のW杯中国大会で日本男子優勝を果たした中村輪夢(りむ、17)=ウイングアーク1st=が87・00点で優勝した。地元で行われた凱旋試合で2位以下に26点以上の大差で圧勝。19年最終戦を締めくくった。

 中村はジャンプ1度で3つ以上の技を組み合わせる高難度の技を次々と繰り出し、国内戦無敗でシーズンを終えた。今回からはジャッジが国際大会基準に変更され、従来の国内大会より20点前後低く採点されたが「自分の立ち位置を確認できた」と収穫は多い。W杯広島大会2位をはじめ、快進撃を続けた一年を振り返り「点数をつけるなら85点。まだ伸びしろもあると思う。東京五輪での金メダルも可能性が見えてきた」と話した。

最終更新:11/18(月) 9:52
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事