ここから本文です

娘がスマホを常に持ち歩き、ライン依存症です

11/17(日) 10:20配信

ベネッセ 教育情報サイト

【質問】
娘がスマホを常に持ち歩き、ライン依存症です。ツイッター、ゲームなどにもかなりの時間を取られています。いい加減にしなさいと叱っても、反発するだけで聞く耳を持ちません。

相談者・ふくむすめ さん(中学3年生 女子)

【親野先生のアドバイス】

ふくむすめさん、拝読しました。

これは、とても現代的かつ困難な問題ですね。これに対して、心配なあまりがみがみ叱り続けたり、無理なルールを押し付けたりなどの一方的な対応をしてもなかなか改善しません。子どもが反発してさらに心が離れ、お互いの不信感がますます高まるだけです。
そもそも、子どもは「親は何もわかっていない」と感じています。
「親は今の子どもを取り巻く現実を知らない。子どもの気持ちをわかろうともしない。何も知らないくせに勝手な思い込みでいい加減なことを言ってくるだけ」と感じているのです。
ですから、保護者の言うことを素直に聞く気になどなれないのです。保護者のほうも、「子どもは親の言うことを何ひとつ聞かなくてけしからん」と思っています。

つまり、コミュニケーションの決定的な不足のために、お互いに不信感を持っていて親子が敵同士になっているのです。これでは困難な問題に立ち向かうことはできません。
この困難な問題に対応するうえでは、親子がお互いによく理解し合って、同盟を結ぶようなつもりで協力して臨むことが必要です。そのために一番大切なのは親子の話し合いであり、これ以外はあり得ません。
ところが、本当に実のある話し合いができている家庭は極めて少ないのが現実です。

では、本当に実のある話し合いは、どうしたら可能になるのでしょうか?
保護者は子どもに自分の話を聞かせることばかり考えていますが、これではうまくいくはずがありません。

まずは、保護者が子どもの話を共感的に聞くことから始めることが大切です。子どもの話をちょっと聞いて、すぐ上の立場で批判的なことを言ってしまうと、もう子どもは何も言わなくなります。
保護者が本当に心から共感的に聞けば、子どもは自分の言いたいことをたっぷり言えます。
はじめは、「こんなに便利なものはない。友達とよくわかり合えるしつながっていられる。情報や話題が得られて便利」など、スマホのよい点をたくさん挙げると思います。
そして、保護者が批判的なことを一切言わずに共感的に聞いていれば、子どもはだんだん苦しい胸の内も明かし始めます。
「すぐ返信しないと気まずくなるから、いつもチェックしていないといけない。みんなやっている中で自分だけやらないわけにはいかない。眠くなっても自分からは終われないのが大変」などです。
保護者にたっぷり聞いてもらえると、子どもは「お母さん・お父さんは自分の気持ちをわかってくれた」と感じることができます。つまり、保護者に対する信頼が高まるのです。

次に、保護者も自分が伝えたいことを話します。
スマホ依存の弊害、やり過ぎによるストレスと健康への悪影響、いじめ、犯罪、個人情報の流出などについて、心配していることを誠実に伝えます。
最初に共感的に聞いてもらっていると、子どもも保護者の話を共感的に聞くようになります。
このように、たっぷり本音を語り合い、お互いの気持ちを理解し合うことが本当に大切です。

そうしたら、次にルールを決めます。
ここでも、お互いの話を聞き合いながら決めることが大切です。つまり、外交交渉のようなものです。
外交交渉ですから、お互い冷静に話し合い、ときには譲り合いながら、お互い納得できる着地点を見つけていきます。
このように、子どもがルールづくりに関わることがとても大切です。
それがあって初めて、子どももルールを守ろうという気になれるからです。

1/4ページ

最終更新:11/17(日) 10:20
ベネッセ 教育情報サイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事