ここから本文です

「#枝野寝ろ」その裏で家族を襲ったデマ。妻はパスポート片手に選挙区を回った

11/17(日) 7:05配信

BuzzFeed Japan

政治家の夫と結婚して20年。7回の選挙。不妊治療と出産。そして双子の子育て。まさに怒涛の日々だったという。「立憲民主党」代表・枝野幸男氏の妻、和子さんは結婚後、政治家の家族というだけで心ない言葉をかけられ、必要以上に私生活を詮索されたこともあったと振り返る。だからこそ、「自分の言葉で語りたい」。和子さんは『枝野家のひみつ』と題した1冊の本にまとめた。【BuzzFeed Japan / 千葉雄登】

「#枝野寝ろ」夫へのエールの裏側で…

2011年3月11日、当時の民主党政権で夫は官房長官を務めていた。

地震と津波、そして福島第一原子力発電所での事故。予断を許さない状況が続いた。10日間、自宅である議員宿舎に帰ってくることはなかったという。

テレビのむこうで青い防災服に身を包み記者会見に立ち続ける夫の姿を、見守り続けた。

双子の息子たちは当時5歳、何が起きているのか知る由もない。

「#枝野寝ろ」。エールを送るハッシュタグと共にSNSには不眠不休で対応にあたる夫を気遣う言葉が溢れていた。

だが、その裏で不確かな情報や不安ゆえか、心ない言葉を投げかけられる機会も増えていった。

震災の発生後、知り合いからはこんな電話がかかってきた。

「いま、あなたどこにいるの?」

自宅で子どもと一緒に過ごしていると伝えると、思わぬ一言が返ってきた。

「本当は違うところにいるんでしょう?」

不安で居ても立ってもいられない人たちからは、「自分たちは家族で逃げようと思っている」といった連絡が次から次へと寄せられた。

「夫は私たち家族にも、記者会見の内容と同じことを言っている。自分たちもここにいるんだから安心して」

気付けば1日に何十通も寄せられるメールに、いまは落ち着いた行動をとるように返信し続けていた。

「他の人に枝野が言っていることは間違いではないんだと裏付けしないといけなかった。それは、自分自身にとっては大きなストレスになっていましたね」

1/3ページ

最終更新:11/17(日) 7:05
BuzzFeed Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事