ここから本文です

【ハイライト動画あり】決勝を睨んだ日韓第1ラウンドは乱打戦に。WBSCプレミア12

11/17(日) 11:51配信

J SPORTS

日韓両国は15日の段階で、17日に東京ドームで開催される決勝戦の出場を決めていた。侍ジャパンはアメリカ、韓国はチャイニーズタイペイを相手に「1敗」を喫していたものの、スーパーラウンドの2位以上は確定済み。

【ハイライト動画】日本 vs. 韓国

翌日に同じ相手と決勝戦を戦うことを考えれば、隠したい手の内もあるはずで、特に韓国はキム・ギョンムン監督が前日から主力の温存を公言していた。

しかし、いざ東京ドームに足を踏み入れるとスタンドは立ち見多数の盛況で、4万4,224人の満員。三塁側の韓国ファンが必死に声を張り上げ、記者席も両国のメディアで埋め尽くされていた。

サッカーやラグビーのワールドカップと同じ「国際大会」の空気がそこにはあった。

◆試合結果

韓 国|0 0 1 5 0 0 2 0 0| 8
日 本|0 1 6 0 2 0 1 0 X|10

◆侍ジャパンスタメン

1番(一)山田哲人(ヤクルト)
2番(遊)坂本勇人(巨人)
3番(中)丸 佳浩(巨人)
4番(右)鈴木誠也(広島)
5番(指)浅村栄斗(楽天))
6番(左)吉田正尚(オリックス)
7番(三)松田宣浩(ソフトバンク)
8番(捕)會澤 翼(広島)
9番(二)菊池涼介(広島)
 (投)岸 孝之(楽天)

1番・山田哲人が打席に入ると、強烈な音圧で「やまーだてつと!」のコールが球場全体から湧き上がる。

山田は3球目にライトフェンス直撃の二塁打を放った。この回のチャンスは得点に結びつかなかったものの、「行ける」という手応えを感じた初回の攻防だった。

侍ジャパンは2回表、8番・會澤翼が二死無走者から3塁線を破る2塁打を放つと、9番・菊池涼介はレフト前タイムリー安打。ぎりぎりのタイミングながら會澤が生還し、日本が1点を先制した。

韓国も3回表に7番ファン・ジェギュンのソロ本塁打で同点に追いつくが、侍ジャパンがその裏に猛攻。

3番・丸佳浩の一塁線バントが内野安打となり無死1・3塁のチャンスを作ると、今大会好調の4番・鈴木誠也が二塁後方にしぶとく落とすタイムリー安打でまず2-1。

5番・浅村栄斗がレフト前にタイムリー安打を放ち3-1。6番・吉田正尚のライト前安打で無死満塁とチャンスを広げ、ここで先発のイ・スンホが降板する。

1/3ページ

最終更新:11/17(日) 12:00
J SPORTS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事