ここから本文です

ハリハリした食感がヤミツキ!「たたきごぼうのしょうゆ漬け」&絶品炊き込みごはんのアレンジも!【ちょこっと漬け♯5】

11/17(日) 11:10配信

kufura

kufura

ただ漬けるだけでなく、いろいろな料理にもアレンジできる「ちょこっと漬け」を、料理研究家の沼津りえさんが教える連載企画。旬の野菜を使って、少ない分量で手軽にできる、簡単な漬け物に挑戦してみませんか?

今回は、11月頃から冬に向けて旬を迎える「ごぼう」のちょこっと漬けを紹介します。なかなか使い切るのが難しいうえ、きんぴらなどメニューもマンネリ化しやすいごぼうですが、この季節にぴったりの炊き込みごはんなど、おいしいアレンジも満載。早速、動画をチェックしてみましょう!

「たたきごぼうのしょうゆ漬け」の作り方

ささがきにしたり、千切りにしたり、切るのも面倒なごぼうですが、今回は叩いて作るので手間も半減。漬け置くほど味も染みておいしくなるので、常備菜にもおすすめです。

【材料】
ごぼう・・・2本(200g)

しょうゆ・・・大さじ2

ごぼうは、大体1本100g。計200gになるように準備しましょう。

【用意するもの】
ポリ袋・・・1枚

ちなみに、沼津さんのおすすめのポリ袋は、業務用スーパーで購入できる『ポリエチレン袋12号』(0.025×230×340mm)。「適度な厚みがあって、使いやすい大きさ」と、沼津さんのイチオシです。

【作り方】

(1)ごぼうはよく洗ってから、めん棒で叩く。硬い部分はめん棒で押して、食べやすい大きさに手で割る。

ごぼうは皮の風味もおいしいので、今回は皮ごと全部使います。そのため、皮もよくこすって洗ってください。まな板にごぼうを置いたら、めん棒で勢いよく叩きます。この時、飛び散るのが気になる人は、ポリ袋に入れてから叩いてもOKです。

「硬い部分は無理に叩かず、めん棒で押してから手で割るといいですよ。叩くと包丁で切る時よりもごぼうの断面がざくざくして、繊維に味がよく染み込みます」(以下「」内、沼津さん)

(2)水にごぼうを入れて、約5分さらす。

「ごぼうのアクを抜く時は、酢水に浸けたりもしますが、今回はしょうゆ漬けにするので、水でさらすだけにしましょう。この後、ゆでる時にもアク抜きができるので、水にさらすのは5分程度でOKです」

1/3ページ

最終更新:11/17(日) 11:10
kufura

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事