ここから本文です

「磐越東線」全線運転再開 台風乗り越え日常取り戻す福島県民

11/17(日) 8:29配信

福島民友新聞

 台風19号の影響で運転を見合わせていたJR磐越東線小野新町―いわき間は16日、始発から運転を再開した。列車は紅葉が広がる風景を進み、再開を待ちわびた乗客を目的地へと運んだ。同区間の再開により、台風で被災した県内のJR各線は全て復旧、生活再建に向けて歩む県民の“足“が、35日ぶりに日常を取り戻した。
 午前6時25分ごろ、小野町のJR小野新町駅。同町の女子生徒(いわき秀英高3年)は、いわき行きの始発列車に乗り込んだ。
 運休中は下校時の臨時バスが1台だけになるなど、不便さを感じていただけに「今までのように学校に通えるのがうれしい」。小さくうなずき、模試を受けるためいわき市の同校に向かった。

最終更新:11/17(日) 10:52
福島民友新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事