ここから本文です

何かと話題のこの言葉、「忖度」 そろそろ読める?意味わかる?

11/17(日) 12:30配信

CanCam.jp

これまでCanCan.jpに掲載した記事の中から、特に多くの方に読んでいただいた記事を厳選してお届けいたします。今回は、更新のたびに大好評をいただいている漢字クイズの記事の中でも特に多くの方がチャレンジしてくださったあの漢字です!


「耳朶」って読める?「みみせん」じゃないよ!女子の正解率46%!

普段よく使う言葉でも、漢字でどう書くのか知られていなかったり、そもそも漢字で書くことができると知られていなかったりするもの、けっこうありますよね。

これまでの「意外と読めない」シリーズでは、「鯣」、「美人局」、「忽ち」、「拗らせ」、「巣窟」、「月極」、「匿う」、「続柄」、「漲る」といった、読めそうなのに読めない漢字を出題してきましたが、今回はこちらの漢字です!


「忖度」


これは難しい……? ニュースでもかなり取り上げられていたあの言葉。ちょっとした流行語になってましたよね?
とはいえ、CanCam世代の読者76人に聞いたところ、みなさん苦戦した様子……。
「あれ……!?」となった方はここでおさらいを! 「読めるよ!」という方は、意味の確認を!

読めた人は全体の約4割程度に落ち着きました。
読み間違えるというより、そもそも読めない!という人はまだまだ多いようです。


では、今回はサクッと答えを見てみましょう!
答えは……コチラ!


「そんたく」です!!
って言われても……そもそもどういう意味?
ニュースで耳にした人も、案外それを聞かれると困ってしまう方も多いのではないでしょうか?

辞書にはこう書いてあります。「他人の心をおしはかること。また、おしはかって相手に配慮すること。」(『デジタル大辞泉』より引用)

使い方としては「作家の意図を忖度する」「得意先の意向を忖度して応対する」といったものが挙げられます。
「忖」も、「度」も、「推しはかる」、つまり「こうじゃないかな?」と考えるという意味が。
つまり、「忖度」とは「相手は何を考えているんだろう?何をしてほしいんだろう?何をしたいんだろう?」ということを想像してあげることなんです。


みなさんも友人や恋人の気持ちを忖度すること、よくあると思います。

ウソはダメですが、相手のことを思いやって行動できる人間になりたいですね!

最終更新:11/17(日) 12:30
CanCam.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事