ここから本文です

すぐ真似できる! 結婚式のゲストヘアスタイル10選

11/17(日) 14:10配信

ELLE ONLINE

スピーチやブライズメイドを頼まれていない結婚式に参加するほど楽しみなことはない。とっておきのコーディネートが決まったら次に決めるべきはヘアスタイル。そこで、ゲストにぴったりのウエディング・ヘアスタイルをご紹介。これから結婚式への出席が立て続けにあるひとは必見!

複数のバレッタ使い&ローシニヨン

バレッタを使い過ぎたスタイルを避けたいなら、髪をこのように低い位置でルーズにまとめ、バランスを取るのが正解。

バレッタポニーテール

ほんのわずかなアレンジをするだけで印象をがらりと変えられることがある。ローポニーテールがお好みなら、ヘアゴムの代わりに大胆なデザインのバレッタをひとつ、またはダブルで使ってみて。

カーリーウェーブ

自分でカーリーヘアのスタイリングができるようになれば、毎日カーリーヘアが楽しめるようになる。動くたびに弾むこのスタイルはウエディングはもちろん、どんなシーンにも使える。

ロング&ローポニーテール

シャープでセクシーなこのポニーテールはスタイリッシュで、実用性もばっちり。髪が後ろでまとめられているので、ブーケトスに思い切り臨める。

ビーチヘア&ローシニヨン

あなたがビーチウェーブ派なら、是非取り入れたいのがこのスタイル。低い位置でゆったりまとめたシニヨンなら、エフォートレスな印象を与えつつも、程よい加減のきちんと感を演出できる。

90年代風ゴージャスヘア

ここ数年流行したロング&ルーズなウェービーヘアに飽きているなら、90年代後半から2000年代初めに人気だった、ボリューム感たっぷりにセットされたこのヘアを試してみて。驚くほど新鮮に感じるはず。

ボリューミーなローポニーテール

この幻想的なポニーテールを取り入れるには注意が必要。あまりにも華やかすぎて、花嫁以上にゲストたちの注目を集めてしまうかもしれないから。

前髪ウィッグ

前髪のウィッグがこれほど素敵に見えるなら、前髪が伸びるまで根気よく待ち続ける努力が省ける。トップシニヨンから付け毛を長く垂らせば、誰もが本物の前髪だと信じて疑わないはず。

ルーズなハーフツイスト

ファウンテンポニーテール(頭頂部で髪を結んだ、噴水のように広がるポニーテール)を逆さにしたエッジの利いた最新アレンジスタイル。

オールバックにしたウェットヘア

最初からウェットに仕上げられたこのヘアなら、たとえ雨が降ってきてもヘアスタイルの崩れを心配する必要はなし。

original text : Brooke Shunatona translation : Rubicon Solutions, Inc.

※この記事は、海外のサイト『Cosmopolitan』で掲載されたものの翻訳版です。

ELLE mariage

最終更新:11/17(日) 14:10
ELLE ONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事