ここから本文です

元世界4位ベルディヒ 現役引退を発表「何の後悔もない。今後は白紙状態」<男子テニス>

11/17(日) 11:08配信

tennis365.net

トマス・ベルディヒ

男子テニスで世界ランク103位のT・ベルディヒ(チェコ)は16日に現役引退を発表した。

【トマス・ベルディヒ 選手詳細情報】

34歳のベルディヒは今年8月の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)が現役最後の大会となった。その時は1回戦で敗退していた。

現在開催されているNitto ATPファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)のセンターコートに登場した元世界ランク4位のベルディヒは「いつも追い求めているレベルは高い成績であり、ランキングは上位にいるもの。今の自分の体は、それをさせてもらえない。いつも現状を現実的に見ている。自分自身や愛する人たちとこの決断を下した時は、大きな安堵だった」と明かした。

このコメントは、男子プロテニス協会のATP公式サイトに掲載されている。

これまでベルディヒは2005年のパリ・マスターズ(フランス/パリ、室内ハード、ATP1000)を含むツアー13勝をあげ、四大大会では2010年のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)で準優勝を飾った。また、国別対抗戦のデビスカップで2度の優勝に貢献した。

「夢だとは言わない。いい結果だったけど、それは多大な努力のあとについてくるもの。毎日準備をしていた。奇跡で起きてはいない。何の後悔もない。自分に起きた悪いことや否定的な経験には何らかの理由があった。いつも可能な限りベストを尽くしていた。どの試合にもしっかり準備していたし、コートに立つ時には100パーセントを注いだ」

「何の計画もしないことが今後の計画。これまでは多忙を極めていた。自分や全てを注いでくれた家族のために時間を持ちたい。今は時間ができた。子どもの頃から現在まで、テニスが自分の人生だった。それは変えられなかった。毎日を白紙状態で過ごしたい」

Nitto ATPファイナルズの会場にはベルディヒの他に、D・フェレール(スペイン)、N・アルマグロ(スペイン)、M・バグダティス(キプロス)、M・ユーズニー(ロシア)、R・シュティエパネック(チェコ)、V・エストレージャ=ブルゴス(ドミニカ共和国)、M・ミルニ(ベラルーシ)、M・マトコウスキー(ポーランド)も登場した。

最終更新:11/17(日) 11:08
tennis365.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事