ここから本文です

クリスティアーノ・ロナウドへの批判に姉妹が反論「彼を攻撃しないで」

11/17(日) 11:21配信

SPORT.es

15日(金)に開催された欧州チャンピオンズリーグ(CL)予選グループB、ポルトガル対リトアニアの一戦は、クリスティアーノ・ロナウドのハットトリックによりポルトガル代表が大勝利を収めた。イタリアではロナウドのスランプが報じられていた中での出来事だった。

C・ロナウドは「困難な時期にいる」と“最強”アーセナルを支えた元MFが指摘

セリエAのACミラン戦で、ユヴェントスの監督マウリツィオ・サッリはロナウドを試合途中でベンチに下げている。ロナウドが怒って試合終了前にスタジアムを後にしたこともあり、イタリアのメディアはロナウドを一斉に批判し、ファビオ・カペッロなどの関係者らがサッリの英断を高く評価している。

一方でロナウドの実の姉と妹は、SNSを通じてリトアニア戦でのロナウドの活躍を例に挙げ反論している。
ロナウドの姉エルマは「神は失敗しないわ。これでどうかしら?」というメッセージを掲載している。一方で、妹カティアは「彼を攻撃しないで。彼は姉の誇りよ」と訴えている。

ここ数週間、ロナウドはユヴェントスで2度にわたって試合の途中でベンチに送られている。監督マウリツィオ・サッリは交代の理由を疲労や膝の痛みによるとしている。

今季最初のロナウドの交代は、6日に行われたCLグループD第4節ロコモティフ・モスクワ戦だった。0-0の状況でサッリはロナウドをベンチに下げ、入れ替わりにフィールドに入ったドウグラス・コスタが先制点を挙げている。
また10日のACミラン戦でもロナウドは試合のリズムに乗っておらず、サッリはロナウドをベンチに下げた。代わりに投入されたディバラは期待に応え勝利のゴールを挙げている。

(文:SPORT)

SPORT

最終更新:11/17(日) 11:21
SPORT.es

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事