ここから本文です

福島県内「JR」35日ぶり全線復旧 東北線など一部区間で運休

11/17(日) 10:52配信

福島民友新聞

 台風19号の影響で運転を見合わせていたJR磐越東線小野新町―いわき間は16日、始発から運転を再開した。磐越東線小野新町―いわき間の運転再開により、台風19号で被災した県内のJR各線は計画運休を実施した10月12日以来、35日ぶりに全線で復旧した。
 磐越東線のほか、東北線、水郡線は台風で盛り土が流出するなどしたため同日以降、一部区間で運休。復旧作業を経て東北線は同29日、水郡線は今月1日に運転を再開していた。県内の鉄道では福島交通飯坂線や会津鉄道なども一時、運転を見合わせたが、現在は全区間で運転を再開。一方、阿武隈急行は土砂流入などの被害が大きく、富野―槻木間で運転再開の見通しが立っていない。

最終更新:11/17(日) 10:52
福島民友新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事