ここから本文です

ベイルは代表だと別人に!ウェールズ代表で先発出場を果たす

11/17(日) 12:21配信

SPORT.es

ガレス・ベイルはウェールズ代表にいる時、別人となる。
このウェールズ人選手は既に今週の記者会見で自ら「マドリーよりもウェールズ代表でのプレーの方がワクワクする」と話していた。

ベイルの本音「マドリーよりもウェールズ代表でのプレーの方がワクワクする」

そして、その彼の意思は今週土曜日に改めて示された。
ウェールズ代表はバクーで行われるアゼルバイジャン戦の先発メンバーにベイルを含めた。
ベイルは10月5日のグラナダ戦に出場した43日前からレアル・マドリーのユニフォームに1度も袖を通していなかったにもかかわらず、代表では開始1分からピッチに立った。

実際、ベイルは約4週間、マドリーでトレーニングを行なっていなかったが、彼は代表チームで出場機会を得るためにコンディションを上げていた。
彼が最後にプレーした10月13日もウェールズ代表の試合(クロアチア戦)だった。

ベイルの夏は終始、移籍の噂が飛び交っていたが、最終的に彼はマドリーに残留する事を決めた。
プレシーズンでは「明日よりも今日去る方が良い」と言っていた監督、ジダンも彼に出場機会を与えていた。しかし、ベイルとマドリーの関係性は修復不可能なところまで来ているようだ。

今回のウェールズ代表での先発はマドリーとの決別に向けた新たなエピソードとなるだろう。

(文:SPORT)

最終更新:11/17(日) 12:21
SPORT.es

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事